皆さんこんにちは、ダメリーマンのアベです。

えー、僕のゲーム実況YouTubeチャンネルですが、ついにチャンネル登録者が1000人を超えました。

YouTubeを始めてから苦節1年10ヶ月、ついにチャンネル登録者が1000人を超えたのです!

今回は、僕のチャンネルが登録者1000人を超えるまでの道のりと収益化について話していこうと思います。

ちなみに僕はなんの変哲もないサラリーマンでTwitter等のSNSで有名でも何でも無いただの一般人です。

チャンネル登録者1000人未満のゲーム実況者の参考になればと思います。







006

1.最初の半年が全く再生されずに1番きつい

1年と10ヶ月前、僕はPS4の某対戦ゲームを中心にYouTubeに動画投稿をはじめました。

当時の夢はもちろんチャンネル登録1000人で収益化でした。

当時、僕は半年もあれば楽勝だろw
と考えていましたが、実際は半年でチャンネル登録は20人前後でした。

投稿するゲームの対戦実況動画も数回〜数十回しか再生されず、地獄のような日々でした。

モチベーションも全く上がらず、動画の投稿頻度も1週間に一本とかでした。(1つの動画で数分なのに)


このように、YouTubeに動画投稿を始めてから半年間は誰からも見向きされていませんでした。

この虚無の期間を耐えられるかどうかが勝負の分かれ目だと思います。






078


2.チャンネル登録者数100超えた辺りからやったこと

YouTubeにゲームの対戦実況動画を上げ続ける事約10ヶ月経った頃、少しずつ動画の再生数が上がりチャンネル登録が増えて来ました。

気がつけばチャンネル登録者数は100人を突破し、動画も数百回は再生されるようになってきました。

どうやら約10ヶ月間YouTubeに動画投稿を続けた事でYouTube側からある程度評価され、オススメ動画に上がることが増えたからだと思います。

この辺りから僕はゲームの配信を始めました。

動画投稿をしつつ、ゲームの配信もすると言った感じですね。

ゲームを配信すると、予想より人が見に来てくれた事に驚きました。

今まで動画投稿の為にゲームをして撮影していたのですが、この頃から配信で自分がプレイした対戦動画の切り抜きを編集して動画投稿するようになりました。

配信なら人を集めつつ面白い動画も撮影出来るので一石二鳥ですしね。

注意点としては、最初からゲームの配信をしても絶対に誰も来ない事です。

動画投稿である程度の固定ファンを増やしてから配信をするようにしましょう。

また、ゲームのジャンルを絞って固定ファンを作るのが特に大事ですね。







407


3.チャンネル登録者数1000人までの道のり

チャンネル登録者が500人辺りになってから、僕のチャンネルは完全に停滞を始めました。

なぜなら、新規で見る人が全くいなくなったからです。

そこで僕がやったことは、ショート動画の投稿です。

ショートではゲームで特に面白かったところを切り抜き、投稿していきました。

ショート動画は気軽に不特定多数の人が見るので、新規視聴者が爆発的に増えました。

ショート動画を使って興味を持った視聴者が僕のチャンネルに誘導するような感じですね。

これが成功し、一般人が苦節1年10ヶ月でチャンネル登録者数1000人を達成することが出来ました。

まず間違いなくショート動画を出していなければこの期間で達成していなかったと思います。

ジャンルを絞り動画投稿、動画配信、ショート動画投稿とサイクルを繰り返すことによって達成することが出来ました。

100人から1000人になるまでは約1年でしたね。

非常に長い道のりだった...





4.収益化の審査と期間について

お次は収益化についてです。

YouTubeでは現在チャンネル登録者数1000人以上、総再生時間4000時間から収益化の条件が整います。

後者は簡単に達成出来ましたが、如何せんチャンネル登録者数1000人がめちゃくちゃ難しかったです。

何とか収益化の条件を達成しても、次はYouTube側で収益化の審査に合格しなければなりません。

審査はYouTuberのアルゴリズムにより審査されるわけですが、内容によって合格が難しいらしいです。

僕は合計300本近いゲームの実況動画を上げていましたが、一発で収益化の審査に合格しました。

YouTubeでは1ヶ月以内に合否を送ると言っていましたが、3日で合格メールが来ました。

結構審査に落ちたという書き込みが多かったのでビクビクしていましたが、拍子抜けでしたね。

ちなみに、一度審査に落ちた場合は再度30日後に再度審査に出せるらしいので、ゾンビアタックが可能とのこと。

もし審査に落ちた場合は動画を見直しつつ粘るしかないと思います。

ブログのGoogle AdSenseの審査に比べたらYouTubeの収益化審査はめちゃくちゃ緩いなと感じましたね。( AdSenseは3回以上落ちた)





5.結局は"継続は力なり"

チャンネル登録1000人を達成して思ったことは、結局折れずに続けるしかないという事です。

今やYouTubeは完全にレッドオーシャンです。
新規のなにもない一般人が入り込む隙間はほぼありません。

他の人と少し違うことをやりつつコツコツと動画を上げていくしかありません。

最初の半年〜1年間ぐらいは全く伸びずに苦労すると思いますが、続けなけれ結果は出ません。

僕はコツコツと続けて収益化を達成しました。

継続は力なりという言葉はいい言葉だなぁと改めて思いました。

心が折れそうになったことは一度や二度じゃありませんが、続けてきて良かったなと感じています。

次は目指せ5000人!










       
スポンサーリンク

    コメントする

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット