ダメリーマンのだらり旅

しがない都内勤務20代リーマンが日常や色々語るブログです。 日常、バイク、ゲームやアニメ、気になるニュースなどなど色々記事にしてます。 オタクでお酒大好きで、仕事ができない男です。 Twitterアカウントは @zeroren00 です。 良ければフォローお願いします!

    しがない都内勤務20代リーマンが日常や色々語るブログです。元ニートでオタク
    日常、ゲーム、バイク、旅、キャンプ、ブログ運営面、リーマンの愚痴などなど色々発信します。
    Twitterアカウントは @zeroren00 です。
    良ければフォローお願いします!

    2020年09月


    みなさんこんにちは、ダメリーマンのアベです。



    家庭用マキオンが発売されてから約2ヶ月が経過しました。



    発売から2ヶ月たった今でもとても楽しくマキオンをプレイしています。



    ガンダムゲーとしても対戦ゲームとしても最早完成されていると言ってもいいレベルの神ゲーのマキオンですが、最近オンライン対戦をしていて気になることがあります。それは...




    捨てゲー厨多すぎ問題です。


    捨てゲーとは字のごとくゲームを捨てることです。


    この捨てゲーと呼ばれる行為をする輩があまりにも多すぎる。



    今回はそんな捨てゲー厨への愚痴中心の記事となります。




    images (18)


    ではなぜ捨てゲーするのか?それはもう簡単な理由です。


    うまくいかないからです。



    大体捨てゲーするパターンは「自分がボコられるか」 「相方がボコられるか」この2択です。


    要は上手くいかない、勝てそうにないから捨てゲーするわけなんですね。



    別に1on1のゲームなら捨てゲー厨自身のことだけなので捨てゲーしてもそこまで気にることもありません。(対戦相手に失礼だが)


    でもマキオンというゲームは2ON2です。


    相方がいて成り立っているゲームなんですよね。


    大体捨てゲーする輩はシャッフルに多いわけですが、シャッフルの相方というのは合ったこともない人間と組んでいます。



    人間と組んでいるのに捨てゲーするというのはあまりにもあり得ない行為だと思います。



    特に自分がボコられたから捨てゲーしているような輩は特にありえない、言語両断です。マキオンという2ON2のゲームをやる資格が無いと言いたいです。



    捨てゲーという行為は一緒に戦っている相方に対しての1番の裏切り行為であり失礼な行為です。


    このゲームで1番やっちゃいけない行為だと思ってます。


    捨てゲーされると正直萎えるんですよね、味方でも敵でも萎えます。


    特にイノシシみたいに突っ込んで速攻で落ちて負け濃厚になったら捨てゲーするやつが1番萎えます。



    試合中は動いていないのにリザルト画面になったら「助かりました」とか通信してくるんですよ、正直あり得ないです。



    これされた時萎えてゲーム落としました。



    捨てゲーからどうしようもない煽り合いに発展しているしょーもないケースも見かけました。


    開幕相方殴りに行ったり開幕捨てゲーしたり...ああいうことやってて楽しいんですかね本人達は?見てて不快ですし時間の無駄です。


    気に入らなかったら部屋から出ればいいのに、何故か部屋に居座って気に入らない奴と組んだら開幕捨てゲーしたりする...ガチで頭おかしいと思います。



    こういった輩は極一部なんですが、いかんせん他の対戦ゲームに比べたらマキオンは正直民度低いと思います笑



    今はタイマン部屋があるので気に入らない奴がいたらそこで気が済むまでタイマンしててくださいどうぞ。


    でも捨てゲーして煽るような奴はマキオン自体プレイしないで欲しいのが僕の本音です。



    いくらお金が掛かっていない0円ゲームだとしても捨てゲーは絶対にやめてほしいです。



    捨てゲーはぶっちゃけみんな嫌な気持ちになってると思うのでこの記事を見ていて捨てゲーをした事ある人は今後はしないでください。



    このゲームは覚醒システムもあるので諦めなければどこからでも逆転できる可能性があるゲームです。


    勝てる可能性がたとえ低くても捨てゲーをしてしまえば勝つ可能性は0です、絶対に最後まで諦めずにプレイしましょう。



    捨てゲーする輩に成長はないと思います。



    ゲームが上手くなる為にも捨てゲーは無いです。










































    みなさんこんにちは、旅行大好きダメリーマンのアベです。


    突然ですがみなさんはGOTOトラベルしてますか?


    GOTOトラベルキャンペーンを利用すると宿代が35%安くなります。


    なので今回僕は普段じゃ行けないようなちょっと高い宿に宿泊してきました。



    その宿が群馬県みなかみ町にあるなかや旅館です。



    そこで今回はなかや旅館に宿泊した感想を書いていこうと思います。



    ちなみに僕は1人でなかや旅館に宿泊したんですが、部屋食プラン付きで一泊10000円ピッタリでした。


    この宿泊費はGOTOトラベルキャンペーンが適応されている金額で、適応されていない場合は約16000円となります。





    IMG_20200922_160024



    これがなかや旅館の全景です。



    そんなに大きな旅館ではなく、比較的小さめな旅館でした。



    建物は少し古めではありますが、とても綺麗にされており清潔感があります。



    IMG_20200922_155730



    こちらはロビーです。


    古き良き清潔なロビーです、思わず談話室で話したくなる雰囲気があります。


    このロビーにはアイスボックスが備えられており、なんと無料でアイスを食べることができました。うーん素晴らしいサービスだ。小さい子連れ等には嬉しいですね。



    IMG_20200922_154656
    IMG_20200922_154704
    IMG_20200922_155717


    こちらが廊下や階段の様子。


    とても綺麗な旅館です、手入れが行き届いていて歩くだけでも気持ちが良かったです。



    IMG_20200922_154714



    廊下にはお茶やコーヒーやカフェオレ等が沢山置かれていました。


    部屋に持っていって好きなだけ飲むことができます。僕はココアを沢山飲みました笑



    普通は部屋に緑茶が数パック置かれているぐらいですが、なかや旅館は色んな種類の飲み物が飲み放題なので素晴らしいです。



    各所におもてなしの心を感じることができます。


    女将さんや従業員さんの対応もとても素晴らしいもので、笑顔で明るい接客でした。


    外国方の中居さんもいらっしゃって国際色豊かな旅館です。



    ではお次はお部屋の紹介に移ろうと思います。

    IMG_20200922_154805
    IMG_20200922_154810
    IMG_20200922_155248


    僕が泊まった部屋はかなり広い和室でした。


    年季が入っておりますが、清掃が行き届いております不快感を感じることは全くありませんでした。


    むしろ古き良き旅館の趣があり僕はとても気に入りました。


    和室は年季があったほうが味が出て好きです。



    部屋自体は冷蔵庫やテレビ等が完備されていてWi-Fiもあります。



    部屋にはトイレはありましたがお風呂は無かったです。


    でも温泉があるから気にならないですね。


    フロントに繋がる電話も昔ながらの黒電話でした笑


    とても凝っていて良いと思いました。



    お次は待望の部屋食の紹介になります。



    IMG_20200922_175802
    IMG_20200922_175806
    IMG_20200922_175815
    IMG_20200922_182106
    IMG_20200922_175810



    こちらが部屋食での夕食です。


    品数豊か!味も美味しいです。



    特に岩魚と鍋が最高でした。


    メニュー的には子供向けというより大人向けと言った印象。


    日本酒ととても合う最高の夕食でした。


    エビチリや合鴨スモーク等、和洋折衷ならぬ和洋中折衷なバラエティ豊かな夕食で大満足です。ご馳走さまでした。



    僕は普段安宿に泊まっているのでここまで豪華な部屋食は初めてでした。ハマってしまうかもしれない...笑



    最後の紹介は温泉になります。


    なかや旅館は屋上の個室露天風呂が売りらしく、受付時に個室貸し切り時間を予約することができます。



    温泉の種類は3種類あり、大浴場と、木の湯(個室)と石の湯(個室)です。


    木の湯と石の湯が予約制の個室温泉となっています。


    どちらも入浴してきたので写真をご覧ください。


    IMG_20200922_203324
    IMG_20200922_203348
    IMG_20200923_055418


    上の写真が木の湯で下の写真が石の湯です。



    写真では分かりにくいですが両方の湯はかなり広いです。



    両方とも個室露天風呂となっており開放感満点で大自然の中雰囲気抜群の最高の風呂でした。



    ゆったりとした自分だけの時間を堪能することができました。本当に最高。


    カップルや夫婦、ファミリーにもオススメできます。


    露天風呂にはベビー用の風呂もあったので赤ちゃん連れにも優しいです。


    総じてクオリティの高い温泉でした。






    ご飯も温泉も部屋も従業員さんの対応も満点に近いとても大満足の旅館でした。


    唯一の欠点と言えば近くに観光スポットがあまりないことぐらいですかね笑



    しかし宿としては素晴らしいものでしたのでみなかみ町に旅行を考えている方は是非とも宿泊してみてくださいませ。



    本当に良い旅になりました、大満足です。



    今まで色々な宿の感想を書いてきましたがこれだけ絶賛した宿は初めてかもしれません笑






















    みなさんこんにちは、一人旅大好きダメリーマンのアベです。


    みなさんは一人旅にどのような印象を持っていますか?


    多くの方が一人旅なんて寂しい!考えられない!と言ったイメージを持っていると思います。


    実際に僕の友人や会社の同僚にも一人旅している人は一人もいません。



    なんなら僕以外に見たことないレベルです。



    僕が一人旅をしてますと言って実際に言われた言葉は


    楽しいの?

    つまらなそう


    寂しそう


    等という言葉です。


    正直僕も実際に一人旅をする前はそう思ってました。


    一人旅なんて友達のいないボッチがやることだろw


    とか思ってましたが完全にその意見を覆されました。


    僕は今では7割近くが一人旅です。



    そんな僕は一人旅歴5年に達しました。月に一度は一人旅しています。


    そ一人旅にどハマリしている僕が一人旅の魅力について話していこうと思います。





    travel_happy_young4


    なぜ一人旅はこんなにも僕の心を惹き付けるのか、その理由を一言で表すとずばり




    何をするにも自由だからです。


    どういうことかと言うと、旅行と言えばみんなでワイワイ予定を立ててスケジュール通りに観光スポットを周って遊ぶのが一般的だと思います。実際に僕もそうでした。



    しかし、一人旅は自由なんです。


    事前にある程度どこに寄るかは決めておきますが、実際は旅先で面白そうなところがあればフラッと寄って観光してます。



    自分が興味ある場所にフラッと寄ることができるのが一人旅の最大の魅力だと思っています。



    複数人だとみんなの意見があるのでフットワークがめちゃくちゃ重いです。



    気軽に一人の意見だけで行き先を変えることができません。


    しかし一人旅では行き先は自分で決めることが出来、自由気ままに旅を楽しむことができます。



    基本的に僕は協調性がなく自由な人間なのでこの一人旅というものがとても性にあってます。


    何者にも縛られず自由に旅を楽しむことができる一人旅は僕にとって最高の一言です。



    飯も自分の好きなものを好きな時間に自由に食べることができます。



    手持ちが無いときはコンビニのオニギリでもいいですしね笑


    ガッツリ食べたい時はちょっと高級なレストランにも寄ることができます。



    会話をする相手がいなくて寂しい時もあるかもしれませんが、それより自由に動き回れるのが一人旅の醍醐味だと思います。


    思うままに、気が向くままに、それが一人旅の魅力です。


    何か一人旅って恥ずかしい!と思う方もいると思います。


    ちなみに僕は一人旅で、一人動物園や一人水族館等も決めています。



    ここまで来れば怖いものはもうないです。


    何処へだって自由に旅を満喫することができます。最高です。


    さすがに一人遊園地はつまらなそうなので行きませんが笑


    ぶっちゃけ周りの人間って自分何かに興味ないので周りの目何か気にしなくていいと思いますよ。




    text_ryokou

    旅の醍醐味と言えば旅館やホテルです。



    旅館やホテルで美味しいご飯に舌鼓をうちつつ温泉にゆっくりつかる。


    そしてお酒を嗜む。


    考えるだけで最高の時間です。



    お楽しみの宿の時間ですが、ここにも一人旅独自の楽しみ方があります。



    まず宿先の温泉に一人でゆっくりと浸かることができます。


    複数人で行くと温泉の中で話したり、一緒に行動したりと何かと煩わしいことがあります。


    しかし1人だとゆっくりと無心で温泉を楽しむことができます。



    僕は温泉での1人の時間が大好きです。大自然の中1人温泉に使っている時間はまさに至福の一言、極上です。


    IMG_20200923_055418


    つい最近貸し切り風呂に1人で温泉に入りました。上の写真がその温泉です。



    大自然の中普段の嫌なことも全て忘れて自分だけの時間を満喫するのが最高です。



    現代では何かと人との関わりがあります。


    見知らぬ土地で自分一人だけの時間を楽しめるのは一人旅をの特権ですね。



    お次は宿での食事です。


    宿での食事は基本的に食事会場か部屋食になります。



    僕ぐらいの一人旅大好き人間になるとむしろ食事会場よバイキング形式の食事の方が好きですが笑



    バイキング形式だとほとんど一人で来ている人を見ませんね、敷居がちょっと高いかも知れません。


    でも先程言った通り周りの人間は自分の事など一切気にしていないので堂々としています笑



    知らない人間から何を思われようとどうでもいいですしね(^o^)



    しかし1人旅初心者の方にはバイキング形式はもしかしたら敷居が高いかも知れません。


    そんなときオススメなのが部屋食です。



    IMG_20200922_175802



    僕が最近食べたとある宿の部屋食です。


    日本酒を飲みながら誰にも邪魔されずに最高に美味しい料理を満喫することができました。


    部屋食は特に周りを気にせず自分のペースで好きに食べることができるので1人旅初心者の方にオススメです。



    外の自然の音を聞きながらゆっくり食べて飲むのも良し、お気に入りの動画を見ながら食べるのも良しと一人旅の食事は自由度が高いです。



    でもお酒を旅先で1人で飲んでいると話し相手が欲しくなったりもたまにします笑



    そういったたまに少し寂しい気持ちになるのも一人旅の粋なところです。



    僕にとってはメリットが沢山の一人旅、少しでも気になる人がいたら是非一度行ってみてはいかがでしょうか?


    新しい発見があるかも知れません。



    一人旅が性に合えばどハマリする可能性もゼロではないかも?

























    みなさんこんにちは、ダメリーマンのアベです。



    今回はファイナルファンタジー15をプレイした僕の素直な感想が盛りだくさんとなっております。


    タイトルの通りこのゲームを擁護する気は一切ないのでファイナルファンタジー15というゲームを好きな方はブラウザバック推奨です。



    早速このゲームの感想・レビューを書いていこうと思います。




    images (63)



    僕がファイナルファンタジー15をプレイしたのは約3年前です。



    3年前の記憶ですが未だに記憶に根付いているのがこのファイナルファンタジー15というゲームです。



    ではなぜこのファイナルファンタジー15(以下ff15 )というゲームが僕の記憶に強く根付いているかというと答えは1つです。



    クソすぎて怒りすら覚えたからです。



    残念ながら楽しいポジティブな記憶ではなく、怒りというネガティブな気持ちで記憶に強く残っています。


    ではなぜ僕がFF15に怒りすら覚えたのか言うと...



    ストーリー・世界観・キャラクター・戦闘があまりにもクソすぎたからです。



    ファイナルファンタジーと言えば重厚なストーリーと魅力的なキャラ、惹き込まれるようなファンタジーな世界観が売りのゲームです。



    しかしff15 には見事にそれが何一つありませんでした。


    ものすごい高級な食材をこねて団子にしたような感じです。


    ではまずはストーリーのうんこ点から解説していきます。



    ストーリーで意味が分からないと思ったところは、ノクトの祖国が滅ぼされた超緊迫したイベントが終わった後に普通に男四人ででのほほんとドライブして釣りやら観光やら楽しんでるところです。



    さらにストーリーが何やら継ぎ接ぎな印象。



    伝えたいことはなんとなく分かるんですがそこへ至る経緯が唐突すぎる、完全に置いてけぼり感がすさまじかったです。



    結局ff15 は何を伝えたかったのか、アーデンは何をしたかったのかよくわかりませんでした。クリア後は虚無です。



    また、ストーリー上でのキャラクターの心情の変化や感情がいまいちよく分かりませんでした。



    中でもルナフレーナというノクトの婚約者であるヒロインが死んだあとにグラディオという味方がノクトに怒鳴りつけるシーンがあります。


    いい加減切り替えられねぇのかよ!!



    という有名なセリフです。



    何やら作中では数週間経過しているらしいのですが、ゲームをプレイしている僕からすれば一瞬の出来事でした。



    家族と国を無くし、さらには心の支えであった超絶美人婚約者を無くした亡国の王子にかける言葉じゃないなと思い不快な気持ちになりました。



    ヒステリックゴリラの誕生シーンでした。本当にグラディオ嫌い。王の盾()らしいこと何もせずにヒステリックおこすだけのゴリラはいらないです。



    ノクトに全てを押し付け自分は感情のままに偉そうに叱りつけるゴリラは消えてどうぞ、ただただノクトが可哀想でした。



    ff15 をクリアして思った感想はノクトが不憫で可哀想。この1点です。


    死の運命を超えた先に何かあるのかと思ったけど死にました的な救いがないです。



    DLCなどは一切やっていないのでそこらへんの補足ストーリーはよく分かりませんが、フルプライスでゲームを販売してるんだからその中でストーリーぐらいきちんと完結させとけよという思いしかありません。



    つまらないゲームだったのでDLCは買う気すらしませんでした。




    何でもDLCですら途中で開発中止したらしいですね、本当に終わってる。



    このゲームって全てが中途半端なんです、色んな要素をオープンワールドと組み合わせているんですが、とにかく中身がスカスカ。



    そもそものオープンワールドのフィールドがスカスカ。ひたすら道路をオートドライブで走っているのを見てるだけのクソゲーっぷり。何も楽しくないです。



    唯一のオープンワールドの救いはグラフィックと釣りが楽しいことぐらいですかね、他は虚無です。



    色んな探索スポットというかダンジョンも街も無いですし寄り道しても鼻くそも楽しくありません。これならオープンワールドじゃないほうが良かったと思います。



    このゲームの一押しだったオープンワールドという要素がゴミだったのは百歩譲ってしょうがないとしましょう。



    ストーリーもキャラもうんこなのはしょうがないとしましょう。



    しかし決定的にダメなところがありました。それが戦闘がつまらないところです。


    何やかんやff13もクソゲーと言われていますが僕はff13は戦闘が楽しくキャラが魅力的だったので楽しむことができました。



    しかしff15 は戦闘が本当につまらない。


    なんかなよなよした戦闘スタイルでポーションガブ飲みぶら下がり健康法ゴリ押しでストーリーをクリアすることができます。



    仲間もバカでバッタバッタと死んでいきます。緊張感のかけらもない掛け合いと共におそまつな戦闘が繰り返されるのは正直苦痛でした。



    僕的にff15は全てが噛み合っていない作品だなと感じています。



    正直ファイナルファンタジーというな名前じゃなかったら佳作程度の作品にはなれたんじゃないかなと思います。



    この出来でファイナルファンタジーのナンバリングを名乗ってしまうのはありえないかなと思いました。



    余談ですが日清が出てきたりカップヌードルが出てきたりするのは本当に世界観ぶち壊しで終わってると思いました、本当にいらない。











    みなさんこんにちは、ダメリーマンのアベです。


    先日久々に箱根にある芦ノ湖へワカサギ釣りとニジマス釣りに行ってきました。



    残暑がある中での釣りでしたが楽しく釣ることができました。



    芦ノ湖でのワカサギ・ニジマス釣りの体験談と感想を書いていこうと思います。






    IMG_20200919_103132



    結論から言います。


    ワカサギ200匹


    ニジマス0匹



    でした。


    ちなみに2人で1ボート使った結果です。



    ワカサギはかなり入れ食い状態でほぼ無限に釣れたんですが、残念ながらニジマスは釣ることができませんでした。



    前回芦ノ湖で釣ったときはニジマス3匹程釣れたんですが今回は残念な結果でした...



    ボート屋のおばちゃんはワカサギとニジマス大量にいるよと言ってたんですが、力及ばずの結果になってしまいました。



    しかしながらワカサギの方は朝一から4時間ぐらいで200匹釣れたので上場と言ったところでした。



    途中でニジマス釣りに本気を出したんですがダメでしたね、生きのいいワカサギを餌にしたんですが釣れませんでした笑



    しかし陸地の浅橋周辺でロッドを投げている人を観察していると結構大きいのを釣っていたので浅橋の方から投げても面白いのかなと思いました。


    ただ浅橋の方はブラックバスが大量に生息しているので注意が必要ですが(^o^)



    ただ釣る感触を楽しみたいとかだったらブラックバス釣りも面白いですけどね。



    久々に芦ノ湖に釣りに言った感想ですが一言で言って楽しかったです。



    芦ノ湖は箱根の大自然の中にあり、ボートに揺られて釣り糸を垂らしているだけでも穏やかな気持ちになれて楽しいです。



    景色も良いですし、空気も美味しいです。


    ファミリーやカップルがスワンボートでキャッキャウフフしてるのを見るのも芦ノ湖だと和んだ気分になれます。



    成人住み男性3人がスワンボートを全力で漕いでる人たちもいました笑



    芦ノ湖ボート釣りの何が好きかというとぶっちゃけ景色と空気が1番好きです。



    のほほんと心穏やかになれる芦ノ湖での釣りの時間を愛しています。



    注意点としては芦ノ湖は遊覧船が定期的に運行しているので危険区域があったり波が激しくなったりするところですね。



    ニジマスは釣れるか正直腕次第ところがありますが、ワカサギはボートで垂らすだけで釣れるので初心者でも楽しく釣りができると思います。難しい知識もいらないですしね。




    気になっている方がいたら1度行ってみてはいかがでしょうか、僕はオススメします。





































    みなさんこんにちは、ダメリーマンです。



    以前僕は、約8年間東京で働いたけど僕は東京が心底嫌いだ。という記事を書きました。



    タイトルの通りなんですが僕は約8年間東京に勤務していましたが、東京という街を好きになれませんでした。


    むしろ居れば居るほど嫌いになったレベルです。



    東京の何が嫌いかというのは上のリンクに詳しく書いてあるので割愛します。




    さて、東京嫌いで今の事務所の人間関係が最悪な僕ですが、ようやく転機が訪れました。


    そう、県外転勤です。



    いやぁ、長かった!!本当に長かった!!



    ようやくこの事務所と東京を脱出できると思うと本当に嬉しい。感慨深いものがあります。



    何を隠そうこのブログを設立したのは約1年半前。設立した理由は会社が嫌すぎて愚痴を書くためなのです。



    本当に会社に行くのが嫌な時期があり一時期は休職を考えたりしている時期もありました。



    しかしこのブログに仕事の愚痴を書き続けることによりストレスを発散して無事に続けることができました。




    このブログにも感謝だなぁ。誰にも言えない本音を好きなだけ書き殴れるこのブログほんとすこ。



    このブログのおかげでここまでこれたと言っても過言ではないでしょう。本当にありがとうこれからもよろしく。



    この会社というか今働いている部署は4年前からずっと転勤したいと言い続けてきました。



    4年間ずっと転勤できずに耐えてきた僕は本当に偉いと思います。(自画自賛)



    自分でもよく耐えきったなと褒めたいおめでとう自分。



    僕の部署の若手は口を揃えて言います。



    転勤したい


    と。


    ではなぜ僕の部署から若手がみんな脱出したがっているのかと言うと理由は簡単、どこにでもあるようなものです。


    人間関係と部署の雰囲気です。



    これらがもう最悪。


    はっきり言って人間が特に最悪で、ものすごいギスギスしてます。


    最近は部署内の雰囲気が悪すぎて僕は事務所に一切居座らないようにしてます。その辺プラプラしてます笑




    8年間この部署で働いてるだけあってある程度自由がきくようになりましたからそこは特権ですね。



    でも僕よりもっと若い後輩はそういうわけにも行かず毎日息が詰まるような思いをしていると思います、本当にかわいそうだ。



    実際に人間関係がいい職場ってどれくらいあるのかな、僕はこの部署以外知らないので次は人間関係がいい職場のことを祈ります。



    他所からうちに転勤してきた人は皆口を揃えて言います。


    ここは最悪と



    他の部署からもうちの悪評は有名なようで誰もうちに来たいと言わず、うちからの引き取り手もない状況です。



    本当にうちの部署は嫌われてるんだなと最近再確認しました。




    まぁもともとは明るい人でもうちの部署に来れば間違いなくスレると思います。それだけの環境の悪さがあります。


    そんな部署で8年間働いてきた僕はとっくにやさぐれたサラリーマンになってしまいました。



    しかし来月からは新天地で1からやり直すことができます。


    本当に嬉しい、こんなに嬉しいことはない。



    東京という街が大嫌いで地方へ移動、さらに希望のやりたい仕事の部署に転勤することが決まりました。



    今、社会人人生で嬉しいかもしれません。笑



    引っ越しなど大変なこともありますが、嫁も付いてきてくれるのでありがたい、本当にありがとう。


    また1からまっさらな状態で人間関係も仕事も前向きに頑張っていきたいと思っています。


    正直就職してからのこの8年間でかなりスレた自分を自覚しているので、明るく元気に振る舞うのが1番の課題だと思ってます。



    昔は返事も大きくて挨拶も大きかったんですけどねぇ...(遠い目)



    地方に転勤なので休みの日にツーリングや旅行等に行きやすくなるのもかなり嬉しいです。



    首都圏は渋滞だらけでちょっと遠出するのにも苦痛でした。



    でも地方なら渋滞も少なく快適に旅行できるのが最高です。



    首都圏だと行きも混んでるし帰りも混んでて移動が本当にダルかったです...



    今後はツーリングの記事やキャンプの記事や旅行の記事を多めに書いていけるかと思います。



    人生これからまた色々頑張って楽しんでいきたいと思います。



    新しい環境に頑張って慣れていこうっと。



    それではまた。






















    みなさんこんにちは、ダメリーマンのアベです。



    レジ袋有料化が2020年7月1日から開始されて約3ヶ月が経過しました。



    今回このレジ袋有料化について僕の愚痴をこれでもかというほど書いていこうと思います。




    レジ袋有料化ですが、まず一言言わせてください。



    非常にめんどくさい



    です。



    単純にレジで会話をする機会が増えたのがめんどくさいです。




    昨日の出来事なんですが、スーパーに行って色々買い物したんです。レジに品物を持っていって生産中にレジのオバサンが「マイバッグをお持ちですか?」と聞いてきました。


    そして僕は持っていませんと言いました。



    レジ袋くれるんだろうなぁと思ったらそのまま精算されてビックリ、この量を素手で持って行けと?と頭の中をよぎりました。明らかに手で持っていくなんて不可能な量です。



    マイバッグ持ってますか?と聞かれましたがあの質問の意味は一体なんだったのでしょうか、僕には高度すぎてわかりませんでした。



    聞くのなら「レジ袋はご入用ですか?」という質問が1番いいです、はい。か、いいえ。で答えられますからね。



    スーパーで顕著なんですが、こちらが黙っているとほぼ確実に袋入りますか?と聞かれません。



    こちらから袋くださいと言わないとダメですね。



    袋くださいぐらい先に言えよと言われればその通りなんですが笑



    僕だけかもしれないんですが、休みの日って完全にオフモードに入ってて誰とも会いたくないし誰とも話したくないんですよ、これ分かる人いるかな?



    死んだ魚のような目をして休日は誰とも話さずに過ごしたいんです。



    コンビニやスーパーで少し会話するだけでも億劫なんですよね、人として問題有るのは自覚してますが話したくないものは話したくないんです。



    なのでこのレジ袋のやりとりは本当にめんどくさい。



    レジ袋なんて有料でもなんでもいいからバッグ持参してなかったら黙って入れて欲しいレベルです。



    というか僕がバッグも何も持ってない状態で大量に品物を買ってるのに平気な顔してレジ袋の有無を聞きもせずに会計を済ませる店員さんにビックリ。


    やはり先制攻撃でレジ袋を要求しないとダメな世の中になってしまったようだ...


    誰とも話したくないコミュ障うんこ野郎の僕からしたら買い物がめんどくさくなったこと。



    しかしこれ店員目線から見てもクソめんどくさいですよね。



    わざわざレジ袋の有無の確認をしなければいけない上にレジ袋の別会計もしなきゃいけない。


    業務効率が著しく低下すると思います。



    極めつけは客が汚いエコバッグを持ってきて店員が詰める場面とか最悪ですね、店員が本当にかわいそう。


    衛生的にも終わってるしコロナ対策をしなければいけない時代なのに完全に逆行している。


    なぜ、わざわざ接触機会を増やすゴミ政策を今実行するのか訳がわかりません。



    本当にレジ袋有料化になったところで幸せになる人がいるのか僕は疑問です。細かいストレスを作り出している原因にしかなってないと思ってます。




    まぁこのレジ袋有料化の政策の意味は環境問題のプラスチック削減にあるわけです。



    プラスチックの大量廃棄による環境汚染問題を少しでも良くしようという営みです。



    しかしこのレジ袋ですが、プラスチックゴミ全体の約1%にも満たないらしいです。



    これを見たとき驚愕しました。



    意味あんのかよと


    実際はペットボトルやプラスチック容器が大半を占めていてレジ袋をいくら削減したところで雀の涙程度にしかなりません。



    この訳のわからないゴミ政策は環境大臣の小泉進次郎さんが主導で行われているみたいです。


    images (62)



    こいつです。


    気候変動のような大きな問題は楽しくかっこよくセクシーであるべきだ



    等というなんの中身もない意味のわからない発言をしています。



    気候変動問題に求められているのは楽しくもかっこよくもセクシーでも無く具体的な実効性のある計画だと思うのは僕だけでしょうか?


    やっぱり頭のいい人の考えは僕みたいな凡人には理解できないみたいです。



    ちなみに上記の画像の後記者が


    「楽しくかっこよくセクシーな対策はなんですか?」


    と聞いたところ



    「それをどういう意味かと説明すること自体がセクシーじゃないよね」



    というこれまた意味不明な返答をしていました。


    うーん、あっぱれ!常人では理解できない頭を持っておられる!


    さすが小泉純一郎の血を引く男だ!



    セクシー大臣には今後セクシーじゃない失礼な質問をするんじゃねえぞマスコミ分かったか!!?



    とまぁこのクソゴミ政策のせいでレジ袋有料化というセクシーな自体になってしまったわけで買い物が億劫になってしまいました。



    百歩譲ってレジ袋を削減することで国民がプラスチックゴミ問題に多少の意識が行くことを祈っています。



    でも今コロナ問題でスーパーの惣菜一つ一つがプラスチック梱包になったり、プラスチック梱包のテイクアウトが激増していたりしてますよね?



    これについてはセクシーは何を考えているのでしょうか、バカな僕には分かりません。



    余談ですが今回の件でセクシー(小泉進次郎)のような一般人の考えや価値観を持っていない人間が政治をする恐怖を覚えましたね。




    田中角栄のような人間はもう出てこないんだろうなぁ...



    間違っても将来セクシーが総理大臣になりませんように、それだけが僕の願いです。





    それでは。













    みなさんこんにちは、ダメリーマンのアベです。


    最近些細なことでイライラするようになってきてマズイなぁと感じています。


    電車の中でイライラするハードルが下がってきました。本当に良くない傾向だと思います。


    でも毎日寝る前に牛乳を1杯飲むようになってから比較的安定してきた気がします。



    ただ生きていくだけなのに常に多大なストレスに晒されている現代日本の僕達社畜は果たして幸せと言えるのでしょうか...



    答えは最期の時まで分からないのかな



    なんか女子高生のポエムみたいなことを書いてしまいましたが今日も恒例の



    今日も朝から会社行きたくない...鬱だ...スレを見てて気になった書き込みを紹介


    していきます。




    images (4)

    ひろしはすげぇよ。
    35才年収600万商社係長、身長180センチ、美人妻、子ども2人、犬1匹、戸建て持ち、マイカー、趣味はゴルフ、DIY。
    妻が妊娠してるからタバコを止めて今も禁煙してる人格者だし。
    今の時代だったら勝ち組だろ。
       


    昔ってこれで低収入とか言われて馬鹿にされてたんだなぁ...


    現代だと普通に勝ち組の部類ですね。


    クレヨンしんちゃんの時代背景からも今の日本がどれだけ貧しくなったのかわかりますね...


    というか野原ひろしスペック高すぎわろたww 


    わろた...


    これから日本が上向く時代ってくるのかしら?僕が生きてる間は無さそうだなぁ。





    fukidashi_taisyoku_man

    ちょっと前まで毎日酒飲んでたけど
    睡眠の質、老化、筋肉への影響、血管への影響を考え始めたら
    飲むのは辞めたほうがええなって気になって飲む量が減ってきた
    体が不調やと余計にメンタルに来るもんな
    健康といい仕事と彼女が欲しいです



    酒は精神安定剤として有用だけど身体に本当に良くないですからね。


    僕もこの方と同じで飲む量減らしてます。


    週に3日は飲まないようにしています。前は週に1日程度の休肝日でしたが増やしました。


    身体が資本なので本当に健康に気をつけていきたい...心と身体両方の。





    hima_taikutsu

    心の調子が良くないから普段と違う事しなきゃと外出したら外出中に2回くらい涙を流してしまった
    昨日も外出して涙流してしまったしやっぱ休みは家に閉じこもるのが1番だな
    無理して慣れないことしちゃダメだわ


    ガチで病んでそう...


    逆に家に引きこもってる方がツラくなりそうな気がするんですがそうじゃないんですね。



    さすがにプライベートの時間に泣くようなことは無いなぁ...泣きそうになる時はありますが。


    ここまで来たら会社辞めたほうがいい気がします。無理しないでくださいね。




    images (58)

    会社に依存せずに資産を作りたいな、リーマンは安定だけだ。あと15年?いやもっとか、このレベルの生活じゃつまんねえ。たとえ1000万行っても控除でたかが知れる


    ほんこれ。


    会社に依存せずにむしろ会社の方が副業だよと言えるぐらいの資産と副業が欲しい。


    今色々と手を出しやすいところから副業っぽいこと始めてるんですがどれも上手くいかないです...正直全く儲かるビジョンが見えないレベルです。


    手っ取り速く儲けるならSwitchとかの転売とかしかない気がするけど買うのも大変だし難しいなぁ...


    と言っても転売なんてやりたくないし何かないかなぁと日々悶々としながら生きてます。




    images (59)

    ・仕事はゆっくり終わらせる
    ・仕事は増やさない
    ・人の仕事は手伝わない

    やる気など決して見せてはいけない


    これは徹底している猛者だ...!!


    確実に会社で嫌われるコースまっしぐらですがこの鋼の意思があれば会社で楽にやっていけることでしょう。



    僕も最近この人と似たような考えて半年ぐらい仕事してました。だってやる気ないんですもん人に嫌われてももうどうでもいいですし。


    来月には転勤決まったのでまたそこで1から頑張ろう...









    みなさんこんにちは、ダメリーマンのアベです。


    僕は普段漫画をあまり読みません。


    しかし書店でふと表紙とタイトルのインパクトに惹かれて自殺島を全巻大人買いして読みました。


    その自殺島の感想を書いていこうと思います。


    ネタバレ全開の全巻読んだ人向けの感想となっておりますので未読の方はブラウザバック推奨です。





    images (55)

    まず自殺島のあらすじを読んだ時、自殺未遂の人間達が無法の島で殺し合う話だと僕は思ってました。


    無法地帯のバトルロワイヤルとか大好物ですからね笑



    しかし内容は全くの別物、人間同士の殺し合いもありますがメインはサバイバル生活と作者の死生観の訴えとなってます。



    主人公セイを始め、色々な個性豊かな未遂キャラ達が様々な人間ドラマを繰り広げる話となってます。



    アメリカドラマとかでありそうなサバイバルヒューマンドラマって感じです。


    これだけなら良くありそうな話なんですが、自殺島のキモは登場人物がみんな未遂者という点です。



    自殺島ならではの話作りや魅力がこの作品にはありました。


    そんな自殺島の僕の好きなシーンはというと...



    images (58)



    こういう死生観の訴えです。


    キャラクターを通して作者の訴えが聞こえてきます。中にはダイレクトにナレーションとして訴えてくる描写も多々あります。



    作者の森さんが自殺島という作品を通して読者に何を伝えたかったのかというと僕なりに考察しました。それは...



    人間は生物の一部でありもっと生きるという純粋な行為に喜びを見出すべき



    ということです。



    自殺島の生物の代表として描かれているのはシカです。



    images (60)



    シカはセイにとっては生命力に溢れた気高い存在に見えました。


    ではなぜセイはシカに魅力されたのか、その答えはシカ達が純粋に生きるために生きている


    からです。


    現代人は毎日様々なストレス、嫌な事と戦っています。


    それらは直接生きることと関係ないこともあるでしょう。



    そしてセイ達未遂者は様々なストレスに晒されて生きるという行為をやめました。



    生物が本来持つべきである生きるという本能を捨て去ったのです。



    しかしセイは生き物が本来持つべきである生きる尊さ、大切さをシカ越しに見ました。



    セイはシカの生きる姿に生物として惹かれたわけです。


    そしてセイは生きる為にシカを狩りました。


    そこでセイはすべての命に感謝するわけです。人間としてではなく、生物としての本来持つべき矜持を取り戻します。



    セイはこの瞬間自分も生物の一部であり生きる為に生きるという純粋な気持ちで行動できるようになります。ただ生きているということに喜びを見いだせるようになりました。



    本土では毎日生きる意味を見い出せずに惰性で毎日引きこもって生きていたセイが覚醒した瞬間でした。



    生きるという当たり前な行為が当たり前にできているということを現代人の僕らは今こそ感謝しなければいけないですね。







    さて、僕たちは毎日肉や魚を当たり前のように食べて生きています。



    しかしそれらは生命を殺して食べているという当たり前のことを僕はこの漫画で再認識することができました。



    そして毎日何気なく食べている米や野菜ですが、それらも大変な努力の上に成り立っているものだということも知りました。



    作中のキャラクター達が必死に米や野菜を作っていました。


    その中でミノルというキャラクターが印象的です。


    images (61)


    本当は田んぼや農業が好きで農業をやりたかったのに、意地張って周りもみんな上京して働いてるから


    という理由でミノルは上京して働き始めます。


    そして何もかもうまく行かずに未遂を起こしてしまいます。


    みなさんも、"周りがしてるから"という理由で周りに合わせて同じ道を歩もうとした時があると思います。



    それは、"周りと違うのはおかしい"とかそんな感情があるんじゃないかなと思います。



    ミノルも本当はやりたい事があったのに周りに流された1人です。



    しかし自殺島でミノルは本当にやりたかった事を思い出し最後は黄金の絨毯(米)を満開に咲かせました。



    そしてミノルは死んでしまいましたがそのノウハウや想いは自殺島のメンバーに残り続けました。


    この話からも自分が本当にやりたいことはきちんと自分の想いにしたがってやっていくべしだと思いました。


    1度きりの人生、周りに合わせて自分の意思を捻じ曲げる必要はないかなと感じます。



    余談ですが僕はこのミノルというキャラが1番好きです。



    周りに流されるところが昔の僕に重なったからです。最後は自分の本当のやりたい事を見つけられて良かったなと思いましたが、ミノルが死んでしまったのが悲しかったです。



    なんでミノル殺したんだよぉ、こういうキャラは生きててほしかったな...死は理不尽ということか






    最後に、自殺島を読んで僕が話したいことは人間はどんなコミュニティを作っても争いが起きるということです。


    自殺島のような原始的な世界でも人間同士の争いが起こっています。


    その結果、多くの人間が自殺島で命を落としました。



    同族を殺して自分達が生き残るという行為にセイは最後まで疑問を持ち葛藤し続けていましたが、それも人間らしいなと思いました。


    復讐するのも人間、話し合うのも人間、許す野間人間だけにできる行為です。



    セイのうじうじした行動も人間らしく良かったのかなと僕は思っています。




    自殺島という漫画の何が魅力的かと言うと、僕は登場人物の人間臭さだと思います。


    決して絵は上手くなく、正直下手くそと言えるレベルかもしれませんがこの作者の描く登場人物はみんな俗っぽい人間ばかりで僕は大好きです。


    みんな悩みや葛藤を抱えて生きています、完璧な人間なんて一人も出てきません、むしろ問題だらけの人間しかいません。



    でもそんな登場人物達が葛藤して生きる為に行動していく姿がこの作品の魅力だと思います。


    最後は人間同士の殺し合いも沢山出てきますが、最後は相手の元凶(サワダ)だけを殺し相手の下っ端達を許します。許すというとても難しい選択をリュウ達は選択しました、ボウシが本当に皆殺しにするんじゃないかと内心ヒヤヒヤしてました笑


    サワダは正直救いようが無かったのでサメに食われて良かったです。


    何か本当は人一倍臆病な性格とか何とか言ってましたが関係無いです、やったことが全てですので。




    さて、ラスボス的な立ち位置になったカイというキャラがいます。



    images (56)


    ↑コイツです。
    ボウシに論破されてブルブル震えてたうんこ野郎です。



    最初から最後までクズでした。本当にどうしようもないぐらいのクズでした。



    自分は前に進めないからと言って島の人間を皆殺しにして自分も死のうとしていたゴミです。



    何でも人の感情が分からないとかなんとか。


    それでも人より優位に立ちたい、認められたい、嫉妬狂いという事故承認欲求の塊のような人間です。


    作中屈指のクズキャラであり温厚なセイが唯一人間に明確な殺意を向けたキャラでもあります。


    人として許せないことをしすぎたんですねカイというゴミ人間は。



    そこには何の信念もなく己の欲しか無かったわけです。



    最後はリョウという善人を刺し殺しリヴまで殺そうとする鬼畜っぷり。


    カイの暴走は止まりませんでした。



    しかし最後はセイが弓矢で撃ち殺します。



    カイは最後に自分の本心を言って死にますが僕は何一つ共感できませんでした、ぶっちゃけ同情の余地はないです。死んでスッキリしました。



    さて、この自殺島の終わり方ですが僕的には島が開放されない方が良かったかなと思ってます。



    島が開放されず、セイ勢力もサワダ勢力も数年後には仲よくなり島を自分達で島を発展させているようなエンドが個人的に望んでました。



    しかし本編の終わりもきれいな終わり方だったので良かったかなとも思います。



    総じて作者の死生観の訴えがメインの渾身の作品だったと思います。


    この自殺島という作品は僕個人としては好きです。


    読む人の精神状態によってもこの作品は好き嫌いがハッキリ別れると思います。


    アニメ化してほしいなぁとか思いますがおそらく題材的に無理でしょう。




    色々考えさせられる作品でした。面白かったです。
































    みなさんこんにちは、ダメリーマンのアベです。


    みなさんはお酒は好きですか?僕は大好きです。


    ストレス社会ではもはや酒を飲まないとやってられないです、タバコもギャンブルもやりませんが酒だけはやります。



    さて、そんな酒ですがひとりで飲むひとり飲みとみんなで飲む飲み会があります。



    そんな飲み会で理性のたかが外れるのか気が大きくなるのかわかりませんが、酔っ払って暴力を振るう、暴言を吐く、そんな人間に豹変するやつが一定数存在します。



    今日は僕が昨日経験したクソみたいな体験談を愚痴と共に書いていこうと思います。





    yopparai_kaisya_office


    正直僕はお酒は大好きですが飲み会は嫌いです。

    正確に言うと会社の人間との飲み会が嫌いです。


    仲のいい同期との飲み会は好きですが、それ以外の会社の人間との飲み会が嫌いです。


    ではなぜ僕が会社の人間と飲みに行くのが嫌なのか、その理由は...



    したくもない大嫌いな仕事の話をプライベートの時間にしたくない


    からです。


    更に言うと


    説教したり攻撃的になって暴力を降ってくるやつが一定数いるからです。


    なんだその職場終わってんなと思う方、正常です。僕も今の職場は終わってると思います。



    大事なお金と時間を使って会社の飲み会に行っても正直全く楽しくありません。



    先輩からの説教が飛び交ったり殴られたりもうクソすぎます、意味わからん。


    飲み会に行くたびに会社が大嫌いになります。


    色んな人間の愚痴も聞かされてもうウンザリ、興味ないし聞きたくもないです。



    仕事の話をせずにワイワイと楽しく飲むっていう行為が何故できないのでしょうか?



    本人達は飲んでて楽しいのかな?



    僕と似たような事を思っている後輩が居ますが、その後輩は2次会3次会に連れ回されて本当に悲惨な思いをしています。



    僕は行っても2次会までですね、早いときは1次会でシレッと帰ります。



    後日何思われてもどうでもいいです。シラフだと文句も言われないですしね。



    その後輩は酔っ払った先輩に殴られたり飲み屋の金を全て出したりしています、本当に悲惨でかわいそうです。



    キャバクラなんてくだらない場所誰も行きたくないのに連れ回されたりしてます。


    キャバクラって何が楽しいのか全く分かりません、高い金払って譲と話して何が楽しいのか理解できません。正直全てが無駄です、2度と行きたくないレベル。



    金払って接待されるとか本当にくだらないし虚しいと思う、それで楽しめる人間とは仲良くなれないと思う。



    キャバクラで働いてる人には申し訳ないですが僕はキャバクラが嫌いです。すいません。






    さて、前置き(愚痴)が長くなってしまいましたがお次が今回の本題...



    昨日僕が会社の飲み会で実際に体験したゴミすぎるクソ体験談を書きなぐっていきます。



    その会社の飲み会には10人程の会社の人間がいました。


    1次会が終わったあとにさて2次会にいくかとなったわけです。


    その日の飲み会は珍しく楽しかったんですよ、色々な話が出来ましたし仕事の話もあまりありませんでした。


    なので2次会にも割と気分よく行くことにしたんです。



    そして2次会は恒例のキャバクラでした。2次会のキャバクラに居たのは5人でした、先輩や後輩もいました。



    普通の飲み屋で2次会をやりたかったので内心萎えましたが、みんなで入店。



    いつも通りくだらないことを話しわーわーギャーギャーと先輩方が騒いでいました。


    普通に迷惑客です本当にゴメンナサイ。



    そして1時間後に店から出ることに。


    正直もう僕は帰りたい一心でした。2次会のキャバクラで萎えましたので。


    そして帰ることを告げた際に酔っ払った先輩が豹変して僕に掴みかかってきました。


    店の看板を巻き込み思いっきり倒されそうになり取っ組み合いになりました。


    もう訳がわかりません、狂ってます。


    そして1度離され帰りますと言ったら次は髪の毛を思いっきり引っ張られました、正直殺してやろうかという感情が湧いてきました。ものすごい不快感。


    すると周りで見ていた怖い系のお兄さん2人が声をかけてきました。



    「さっきから見てたけどお兄さん何も悪くないだろ、見てて不愉快なんだよいい加減にしろよと」


    そんな感じの事を言いながら先輩に絡み始めました。



    そしてしばらくすると後輩が止めに入りその場は収まることに。


    正直もう少し揉めてたら警察事になっていたと思います。



    親切なお兄さん達ありがとう、見た目はめちゃくちゃヤンチャな感じで怖かったのですが優しいんだなぁ感謝。



    そして僕は無事家路に着きました。



    飲み会に参加して本当に不快な気持ちになりました。


    なぜ貴重な金と時間を使ってこんな思いをしなければいけないのか、本当に不愉快。



    先輩だからと言って何をしても言い訳がない、パワハラモラハラ以前に普通に暴力沙汰です。下手したら逮捕ものですからね。



    こういった嫌な思い出が沢山あってもう会社の飲み会は参加したくありません。


    会社の人間同士なんて仕事上だけの付き合いだけでいいのになぁと常日頃思っています。


    飲みニケーションとかいうクソ文化滅びろ。


    以上これらが僕が会社の飲み会が大嫌いな理由でした。


























    このページのトップヘ