ダメリーマンのだらり旅

しがない都内勤務20代リーマンが日常や色々語るブログです。 日常、バイク、ゲームやアニメ、気になるニュースなどなど色々記事にしてます。 オタクでお酒大好きで、仕事ができない男です。 Twitterアカウントは @zeroren00 です。 良ければフォローお願いします!

    しがない都内勤務20代リーマンが日常や色々語るブログです。元ニートでオタク
    日常、ゲーム、バイク、旅、キャンプ、ブログ運営面、リーマンの愚痴などなど色々発信します。
    Twitterアカウントは @zeroren00 です。
    良ければフォローお願いします!

    仕事・本音・愚痴


    みなさんこんにちは、ダメリーマンのアベです。

    僕が社会人になってから10年弱が経過しました。
    新卒から入社し、ずっと会社員として社畜生活を継続中です。

    さて、僕が会社員として生活して来た中で、職場で信用されていない人をこれでもかと言うほど見てきました。

    では何故職場で信用されなくなくなるのか?
    その理由を僕の実体験を元に特徴を話して行こうと思います。






    793

    1.人の手柄を横取りする人

    人の手柄を横取りする人、職場で見たことありませんか?
    僕は腐るほど見てきました。

    人の手柄を横取りする行為をするのは、ガチで嫌われます。

    自分の手柄にする為に、部下に作業させたり同僚に作業させたりして、最終的には自分が報告したりして会社から評価を貰っているような人間は一定数存在しています。

    今まで必死こいてやってきた仕事が結果を出したとき、その成果を全て人に取られるのってムカつきますよね?
    僕はそういった人間は大嫌いです。

    手柄横取りする人間はコスいというか、人として終わってるなぁと思いますので絶対に近寄らないようにしてますし、仕事を頼まれても僕は断ります。

    こういった人間はどこに行っても嫌われますのでご注意を。




    sagishi

    2.嘘つき、責任転嫁、非を認めない人

    すぐにバレる嘘、適当にその場をやり過ごす為に嘘をつく人、あなたの職場に居ませんか?
    僕の職場には居ました。

    その場しのぎの適当な嘘をつく人間は分かってないのに適当に相槌を打つのも特徴的です。

    さらにこういった自己保身が強すぎるコスい人間は何かあった時、自分の非を認めずに、他人に責任転嫁する人がとても多いです。

    こういった人間は誰からも信用されなくなります。
    仕事も教えてもらえなくなり、仕事も与えられなくなり、挙句の果てには無視されて干されます。

    何故すぐバレる嘘をついたり、責任転嫁をすぐにするのかは分かりませんが、確実に周囲には見透かされています。

    本人はバレてないつもりなのかもしれませんが、どう見てもバレバレです。本当にありがとうございました。

    上記の行動は物凄い勢いで信用を無くしますので、ご注意を。






    3.当日急に休む人

    当日急に休む人って居ますよね?
    勿論、本当に具合が悪くなったらしょうがないんですけど、明らかに突発休みの頻度が多い人っているじゃないですか?

    そういう人はありとあらゆる言い訳を駆使しながら突発休みをするのですが、当然ズル休みだとバレてます。

    こういった突発休みをする人は重要な仕事を一切任されなくなります。

    さらに、突発休みをする事で人員が1人減る事になりますので、周りの人達の稼働も圧迫する可能性があります。

    すると、必然的に迷惑を書けまくるわけです。
    結果、信用されなくなるばかりか嫌われます。

    突発休みを取りまくるのは間違いなく信用されなくなるので、やめましょう。







    kamen_warui_businessman

    4.ありがとう、ごめんなさいと素直に言えない人

    助けてもらったとき、手伝って貰ったとき、ご足労かけたとき、感謝の言葉を言うのは当たり前ですよね?

    さらに、迷惑をかけたとき、不快にさせたとき、ごめんなさいと謝罪するのは当然ですよね?

    この当たり前の言葉が言えない人は信用されません。

    プライドが無駄に高い人間はこういった謝辞の言葉を発することが出来ません。
    独りよがりの人間がとても多い印象です。

    挨拶は当然の事ですが、ありがとうとごめんなさいをきちんと言えないと間違いなく嫌われますし、信用されません。

    仕事の人間関係なんて言葉でしか伝わらないので、心当たりがある方は是非とも普段からありがとうとごめんなさいを素直に言える人になりましょう。






    5.意味の分からない所ですぐに感情的になる人

    よく分からないタイミングですぐ感情的になる人は信用されません。

    仕事の話で筋が通っていなかったりしたら多少感情的になるのは仕方ないと思うのですが、仕事関係ない所でマイルール全開で感情的になる人間はありえないです。

    僕の現在の部署にもこういった老害が存在しています。
    すぐ怒る上にトンチンカンな事ですぐ感情的になってキレます。

    勿論この老害は社内どころか関連会社全体からも嫌われていて信用されていません。

    とても幼稚であり自分の事しか考えてないのがすぐにわかります。

    筋の通らないこと、間違っている事を正すときに感情的にって怒るのは必然ですし、こういう場合は逆に信用されます。

    しかし、トンチンカンな場面、訳のわからない理由で感情的になる人間は誰からも信用されませんので、ご注意くださいませ。











    皆さんこんにちは、ダメ―リマンのアベです。

    僕が新卒で今の会社に入社し、早10年弱が経過しました。
    時が立つのも早いもので、今では後輩が沢山出来ました。

    さて、僕が10年弱社会人として、サラリーマンとして社会で働いて気づいたことがあります。

    それは、学歴って大事だなと思ったことです。


    では何故僕が学歴って大事だなと思ったのか?
    僕の実体験を元に私見を交えて話していこうと思います。

    ちなみに僕は専門・短大卒の学歴なので決して高学歴などではありませんので悪しからず。



    1.給料が違う


    まず最初に、学歴の違いで一番目につくのはここです。
    初任給の段階から明らかに給料が全然違うんですよね。

    僕の会社の場合、高卒と大卒の学歴の違いだけで月の給料がしょっぱなから3万円以上違いました。

    また、ボーナスにおいては10万円以上違いましたね。


    ネットで拾ってきた画像ですが、こちらをご覧ください。

    chrome

    ご覧の通り、ものすごい差があります。
    学歴なんて仕事には関係ない!という意見ももっともだと思うのですが、
    実際に学歴の差は給料面でこれでもかというほど現れているというのが分かります。
    まだまだ日本は学歴社会というわけですね。

    ちなみに、生涯年収で言うと高卒と大卒の違いは約7000万円です。
    とんでもない程の差に僕も驚きましたが、実際に数字で出てしまっていると反論できません。

    学歴というのは現実問題年収を決めている大きな材料となっているわけですね。

    もちろん優秀な人、自分で起業した人などはこの枠には入らないとは思うのですが、
    あくまで一般的な会社員でのデータとなりますので、僕みたいな一般庶民サラリーマンから
    見るとこれが現実です。



    2.出世のスピードが違う

    学歴が高いと、
    同じ会社に居て、同じ仕事をして、同じ職務級でも、出世のスピードが明らかに違います。

    例えば、係長という役職に僕がなるには10年かかるとします。
    しかし、学歴の高い同期はその半分の5年で係長へ到達します。

    明らかに出世スピードが段違いに早いんですよね。

    上を目指すもの、高い役職に就きたいと思っている人間は学歴はとても大事な要素だと思います。
    大企業であればあるほどその傾向は顕著になっています。

    結局採用段階から幹部候補というものはある程度決まっていますので、学歴が高いというのはある意味最低条件とも言えるのではないでしょうか。

    まぁ僕は適当に仕事をして生きていければいいと思っている人間なので、むしろ出世できないのはウェルカムなのですが・・・笑

    責任を負いたくないですよ。



    3.あらゆる面で明らかに優遇されている

    学歴が高い人間は明らかに学歴の低い社員より優遇されている傾向が僕の会社にはあります。
    社員が数千人以上いる大企業なのですが、学歴が高い人間はバリバリの旬の部署に飛ばされます。

    会社の花形というか、稼ぎ頭というか、今会社でホットな部署に異動になる確率が非常に高いです。

    そこで上げた成果をもとに評価を上げて出世への足掛かりとなっていくわけですね。
    意識の高い、又は出世意欲がある人間には学歴はもはや必須というわけですね。

    また、学歴の高い社員は自分の意見が上に通りやすく感じます。
    専門・短大卒の僕が何か言っても人事に影響を与えることは少ないですが、
    学歴の高い社員は割と希望の部署に飛べたり、その辺も優遇されていると感じます。

    会社としても手放したくない人材なので、ある程度のわがままも聞くような感じですね。

    給料面だけでなく、会社の立ち回り面でも結構優遇されます。

    4.僕の学歴というものへの考え

    さて、最後に僕の学歴というものへの考えを話していこうと思います。

    結論を言うと、社会人としてサラリーマンになるのであれば間違いなく学歴は高いほうがいいです。
    良い会社に入れる確率も高いですし、給料も高いです。
    会社員として勤務するのが前提であれば学歴は高いに越したことはない、これは間違いないです。

    しかし、独立したり起業したり、自営業をする方には高い学歴はさほど必要ないかと思います。
    もちろん箔にはなりますが、実務においては学歴というものは必要ないので極論を言うと高い学歴は不要かと思います。


    さて、学歴についていろいろと話しましたが、僕が本当に言いたいのはここからです。
    学歴・学位というものは選択肢そのものなんですよね。

    学歴が低いとその分選択肢が狭まります。

    どういうことかというと、例えば中卒だと就職できる会社がそもそも少なかったり、専門や短大、大学に入学する権利すら無い事が多いということです。

    僕は何とかギリギリ高卒の資格を得て、短大に入って今の会社に奇跡的に就職できた人間ですが、そもそも高卒じゃなければ短大に入学出来ませんでした。

    僕は県ワースト3に入るレベルの底辺高校に居ました。
    学校にもまともにいかず、成績も死ぬほど悪かったです。
    割り算すらまともにできなかったレベルですからね、本当にヤバかったです。

    学校の卒業もかなり危うかったですが、先生方の温情で何とか卒業させてもらいました。

    今思うと、この段階で高卒の資格を手に入れてなかったら今の会社員としての僕はありませんでした。
    中卒のまま別の道を歩んでいたと思います。

    中卒より高卒、高卒より専門・短大卒、専門・短大卒より大卒、このように学歴が高くなればなるほどその後になりたいものが出来た時、選択肢が広がっていくんです。

    入りたい会社があっても、そもそも最低学歴が大卒以上だったりします。
    大卒の学位が無ければそもそも就職試験すら受けられないというわけです。

    僕はそれで短大時代、悔しい思いを何度かしました。
    本当に入りたかった会社には試験を受ける資格もなかったわけですからね、中々歯がゆい思いをしました。

    同じ大卒でも偏差値が高い有名大学が優遇されますし、学歴社会というものはまだまだ日本に根付いています。

    自分がなりたいものへの選択肢を広げるという意味で、学歴というものは大事だなと感じています。











    みなさんこんにちは、ダメリーマンのアベです。

    現在僕は会社員として毎日毎日死んだ顔をしながら労働しています。

    さて、最近上司と話していて気になった単語があります。
    それは...

    やりがい

    という言葉です。

    仕事はやりがいだよ、やりがいが無いとダメ!お前もやる気を出して結果残して出世しろ等とありがたいお言葉をいただきました。

    僕はその言葉に自分とは違う価値観を押し付けられる事の不快感を感じました。
    さて、では今回は僕が仕事に対してやりがいに対して思っている事を私見を交えて書いて行こうと思います。




    目次
    1.やりがいとは?
    2.仕事にやりがいなぞ要らない
    3.昭和の価値観を押し付けるな



    job_yarigai_sausyu

    1.やりがいとは?

    そもそもやりがいという概念はなんぞや?
    と言うことから説明します。

    やりがいとは...

    物事に対する充足感・手応え・張り合いの事を指します。

    うん、素晴らしいですね、充足感・手応え・張り合いというものは人生に取ってとても大事な事です。

    でも、これを仕事に当てはめるのは疑問がわきます。

    なぜそう思うのかは後ほど解説していきます。

    このやりがいという言葉を突き詰めていくと、仕事に対して手応え・張り合い・充足感を求め、承認欲求を満たしていくと言うことなんですね。

    要は承認欲求への強烈な餓えと言えるわけです。

    やりがいという言葉の裏には人に認められたい、評価されたい、出世したい。と言った裏の意味もあるということです。

    また、会社側からするとやりがいという言葉を使って賃金以上に働かせようとするブラック企業も多数存在しています。

    俗に言うやりがい搾取というやつです。
    便利な言葉ですよね、やりがいって。

    仕事のやりがいを否定するとどこかおかしい目で見られるのですが、僕は今も昔もこれからもやりがいというものを否定し続けます。





     109

    2.仕事にやりがいなぞいらない

    僕がやりがいという言葉を否定する理由はただ一つです。

    耳触りが良いだけで僕にメリットが一切ないからです。

    僕は仕事に対して充足感・手応え・張り合い等は特に求めていません。
    自分の賃金分の仕事を無難にこなして生きていければそれで良いです。

    自分の賃金分以上の仕事を自分を犠牲にしてやろうとも思いません。

    結局身を粉にして頑張ったところで所詮は会社員の身、出世したところで給料はたかが知れてますし、責任とストレスが増えるだけです。

    自分に対してメリットが一切無いんです。

    仕事にやりがいを求めて承認欲求を満たしたいとも思いませんし、期待もしていません。

    それなら自分の時間を充実させたいです。
    自分の為、家族の為のやりがいを求めたほうがよっぽど良いです。

    プライベートが充実してれば会社や仕事に対して自分の承認欲求を満たす必要もないわけですからね、そもそも仕事にやりがいは要らないです。

    昔はやりがいという言葉が当たり前に飛び交っていて、若手社員は皆手柄を上げて出世をしていく事に躍起になっていましたが、現代の僕のような若手社員はそんな事思ってる人全然いないです。

    結局天井が見えているので、やりがいという言葉に騙される事が無くなったということなんですね。

    僕は今後もやりがいという耳触りの良い良くわからない言葉に惑わされず、自分自身を第一に考えて適当に働いて行こうと思っています。

    仕事なんて自分に与えられた役割さえしっかりこなして給料貰えればそれで良いです、それ以上の事をする必要はありません。





     314

    3.昭和の価値観を押し付けるな

    高齢化が激しい弊社ですが、弊社には頭が昭和で止まっているクソジジイが沢山存在しています。


    そのジジイ達は決まって昔はバリバリ働いていた。仕事が生きがいだった、これだけ頑張ってきた。今の若者はやる気がない!

    等とほざいています。

    逆に言いますけど、会社に洗脳されて周りに合わせてきただけじゃないんですか?
    と捻くれた僕は思ってしまうわけです。

    やりがいを持って仕事をやれ!
    やる気を出せ!
    等と自分の仕事の範囲以上の事を求められますが、僕は断固拒否しています。

    やりがい搾取反対。

    やりがいを持って自分のキャパシティ以上の仕事を無理にこなして何か見返りがありますでしょうか?

    上司の評価が上がる?
    周りから認められる?

    クソくらえです。
    そんなんどうでも良いからそれだけの事をしたら給料上げろって話です。

    しかし現実は雇われ会社員なのでどれだけ評価されたところで給料は然程変わりません。

    どれだけ必死こいてやりがいという霞にしがみついても生活は豊かになりません。
    自分自身を粉にして必死になって働く必要ありますか?
    僕は全く無いと思ってます。

    自分がそうやってきたから、という脳死の理由だけでやりがいという言葉を武器にして仕事を押し付けるのは本当にやめていただきたいです。

    やりがいという搾取前提の都合のいい言葉を僕は否定します。
    どこまで行っても大事なのは自分の健康、自分のプライベート、自分の利益です。


    みんなやる気のあるいい子ちゃんじゃないんだぞ、やる気のあるいい子ちゃんを装ってるだけなんだぞ。

    やる気のあるいい子ちゃんを装う事も出来ない僕みたいな欠陥社員もいるんだぞという事を伝えたいと思いこのクソブログで愚痴を書きました。



















    みなさんこんにちは、ダメリーマンのアベです。

    みなさんは会社の通勤時間に毎日どのくらいの時間を費やしていますでしょうか?

    僕の現在の通勤時間は往復20分です。
    一昔前は通勤時間に往復3時間以上費やしていました。

    そこで僕が思いました。
    通勤時間って無駄だったな...と。

    そんな通勤時間について、日本の平均通勤時間と通勤時間の無駄さについて僕の私見も交えて話して行こうと思います。







    walking_businessman2

    1.日本の通勤時間の平均


    日本の通勤時間の平均は片道39分と言われています。
    この結果は車通勤、徒歩通勤、自転車通勤、電車通勤が含まれています。

    また、この平均通勤時間は首都圏になればなるほど長くなります。

    特に神奈川・千葉・埼玉・東京あたりがぶっちぎりで平均通勤時間が長くなっています。

    家賃が高く、遠方から通勤せざるを得なかったり、実家や持ち家から通勤している人が多いのが主な理由ではないでしょうか。

    ちなみに片道通勤時間別の幸福度を見ると、10分以内が1番幸福度が高いという結果が出ています。

    10分〜30分の通勤時間が1番理想的な通勤時間と言われています。

    以上が日本の平均通勤時間となります。




     train_manin_man

    2.通勤時間が無駄だと思った理由


    ここからが本題ですが、僕が通勤時間が無駄だと思った理由について話して行こうと思います。
    以前の僕は東京勤務で片道1時間半以上費やしていましたが、今思えば地獄でした。

    朝っぱらから満員電車の中に1時間以上立ち続け疲れを溜め、クタクタの仕事終わりも1時間以上電車に突っ立ったまま揺られていました。

    いやぁ、肉体的にも精神的にも地獄でした。
    朝っぱらの満員電車はストレスが異常に溜まりますし、電車遅延なんて起こった日にはもう最悪、ストレスゲージが限界突破しました。

    僕は毎日禿げ上がりそうなぐらいのストレスを通勤に感じていました。

    通勤時間中はブログを書いたり、ゲームをやったりニュースを見ていたりして一見時間を有効に使っている気がしますが、それ家でやればいいよね?という結論に至りました。

    通勤時間が長い事に対する言い訳に時間の有効活用でスマホで色んな作業を!とか当時は言っていましたが、今では全否定出来ます。

    長い通勤時間は時間の無駄以外何者でもありません。

    自分の大切な時間を潰すだけの行為です。
    通勤時間が無くなればその分色んな事が沢山出来ますし、自分の時間も増えてストレスの緩和にも繋がります。

    以前の僕は往復で3時間以上毎日通勤時間に費やしていましたが、月に20日通勤するとして、単純計算で60時間以上通勤時間で消ていました。

    毎月3日弱をストレスが貯まる、肉体的に疲れる通勤時間に消費されていました。

    こうやって数字に出してみるとヤバイですね、中々イカれてます。

    僕の前の上司で片道3時間、往復6時間というとんでもない通勤時間の方が居ましたが、その上司に電車で何してるんですか?
    と聞くと、寝てると言っていました。

    いやいや、もうそれ普通の1日の睡眠時間じゃんと突っ込みたくなりました。

    ご家庭の事情があるかとは思いますが、本当に大変だなと思いました。
    が、それ以上に無駄すぎると感じました。

    人生の4分の1を通勤時間に費やすわけですからね、狂ってます。

    その人は毎日くたびれて死んだような顔をしていましたが、おそらくそういう事なのでしょう。

    僕は現在片道10分以内の通勤ですが、日々がめちゃくちゃ充実してます。
    通勤時間が長かった頃と比べてストレスと疲労の緩和もあり、自分の時間も増えた事から肌ツヤも良くなりました。

    昔に比べて活力も出るようになりましたね。
    割といい事尽くしです。

    デメリットとして電車に乗ることに異常な拒否反応が出るようになりましたが笑


    というわけで、長い通勤時間は無駄以外の何者でも無いので、家と会社は近いほど良いと思います。

    家に近いと呼び出しされる?残業強要される?知るか、鋼の精神で無視しましょう。



     

    3.それでも家庭の事情で長距離通勤の必要がある日本、理不尽転勤無くせ


    最近、NTTが転勤を無くそうという事を大々的に発表しました。
    連日ネットニュースで取り上げられたりしています。

    通信インフラ最大手企業として社長自らが音頭を取っている超改革です。

    サワダ社長は、転勤を無くし家族の為に、自分の為に使える時間を増やそうという事を言っていました。

    単身赴任も無くし、地域密着型で働いていこうと言っています。
    テレワークをさらに普及させ、サテライト拠点も積極的に作ると発表。

    これまでの日本の古い働き方を率先してぶっ壊そうとしています。

    これには僕も大賛成です。
    持ち家や実家から通う必要がある人達がめちゃくちゃ楽になりますからね。

    会社の理不尽転勤に怯えなくていいのは最強です。

    転勤禁止になるのなら、その前に希望勤務先で働かせて欲しいところですがね。

    地方に飛ばされている状態で転勤禁止になったらヤバイですからね笑

    でもテレワークが主になるのならその問題も解決ですかね?
    テレワークは現地で働く必要がある人達は難しいですが、現地にいつ必要が無い人からすると転勤禁止でテレワーク中心の仕事は有り難い限りです。

    僕はこのサワダ社長の取り組みに賛成です。
    他の企業もどんどん取り入れて言って欲しいと思います。

    というか家を買ったら地方に飛ばしたり、家族なある人にバカ遠い所に転勤命令を出していた日本が異常でした。

    労働者が希望をしない理不尽転勤というクソ文化が早く潰えることを祈ります。












    みなさんこんにちは、ダメリーマンのアベです。

    僕は新卒で入社してからもう少しで社会人生活10年目になります。

    さて、社会人生活を10年弱やってきた僕ですが、最近思ったことがあります。

    それは、間違いを素直に認められない人間はゴミだな。
    という事です。

    今回は、僕の職場の間違いを素直に認められない人間達について愚痴混じりに話して行こうと思います。






    shigoto_sabori (1)

    1.言い訳だらけで仕事が出来ない


    自分の間違いを認めないと言うことは、自分を顧みない、さらに言うと言い訳をして逃げるわけです。

    さて、では自分の間違いを素直に認めずに逃げた場合どうなるでしょうか?

    間違いを認められないと、正しい知識が吸収できなくなります。

    それにより、正しい判断ま出来なくなり、どんどん仕事が出来なくなっていきます。

    周りを見てみても、素直で貪欲に、間違った時はきちんと謝罪をし、正しい知識を取り入れて順次アップデートしている人間は仕事が出来ます。

    さらに、成長スピードも尋常ではない程早いです。

    自分の間違いや失敗を素直に認め、必要な知識を取り込み、今後の糧としているわけなんですね。

    こういった人間は2度と同じ失敗をしません。
    では間違いを素直に認めない人間はどうでしょうか?
    一生アップデートする事なく停滞します。

    同じ間違いを繰り返し、成長する事はありません。

    自身の失敗を認めない、そこから学ばない人間は見ていると結構周囲にも居ます。

    プライドが邪魔をしているのかもしれませんが、失敗を認めない方がダサいですし無駄です。

    言い訳されてもムカつきますしね。
    言い訳は周囲をイラつかせる原因でしかありません。

    間違いを認めない言い訳だらけの人間で仕事が出来る人間を僕は見たことがありません。

    逆に存在しているのなら見てみたいです。



     yaruki_nai_suit_man

    2.上司・部下・同僚から嫌われる

    自分の間違いを認められず、言い訳ばかりしていると間違いなく周囲から嫌われます。
    これ僕自身の経験談なんですが、僕も昔は言い訳ばかりしていました。
    仕事もろくにできずに言い訳ばかりしていた時代があるんですが、ビックリする程周囲から嫌われました。

    そりゃそうですよね、上司から見てもせっかく注意してあげたのに言い訳で反論してきて反省もしない部下は嫌って当然です。

    また、同僚や部下から見ても情けない事この上ないです。
    言い訳してる同僚や先輩って嫌ですよね?僕は嫌です。

    というわけで、自分の間違いを素直に認めない、謝罪が出来ない人間はほぼ確実に嫌われますのでご注意を。

    また、素直に間違いを認められない人間は大抵無駄にプライドが高く、後輩に仕事を聞かれてもし分からなかったりすると、適当な事を教えたりもします。

    さらに、昔過ぎて忘れちゃったよぉ等と言い訳も始めることも特徴です。
    頑なに昔は出来たと主張するんですよね。

    本当に昔は出来ていたのか定かではないですが、見苦しいしウザったいのでそういったアピールはしないで欲しいです。

    全く分からない癖になんだったかなぁ等と無駄に考えるのもよくみた光景ですね笑




     business_sabori

    3.責任転嫁だけは凄い

    自分の間違いを認められない、謝罪が出来ない、仕事が出来ない、無駄にプライドが高い人間は責任転嫁力だけは物凄いです。


    自分に否があったとしても、全力で責任転嫁します。

    全力で自分を擁護し、他者へ責任転嫁する様は本当に見苦しいし見てて哀れです。

    確かに自分で責任を取りたくない気持ちは社会人として分かりますが、自分の失敗ぐらい自分で責任取りましょうよ

    自分の失敗を人に擦り付けている先輩が居たのですが、その現場を目撃した時僕はこの人と親しくするのは一生ないなと思い距離を置きました。
    現在進行形で関わらないようにしています。

    周囲からの評価も間違いなく地に落ちますので、見苦しい責任転嫁は絶対にやめましょう。

    カッコ悪いし見苦しいし目障りです。

    頑なに自分の間違いを認めない、謝罪が出来ない、責任を取らないというゴミのような人間は社会には沢山存在しています。

    中にはゴマすりクソ野郎もそのパターンで存在しているのも質が悪いです。

    偉い人からの評価はいいパターンですね。
    これ本当に悪質で僕は大嫌いです。

    以上、僕の愚痴混じりの社畜記事でした。









    みなさんこんにちは、ダメリーマンのアベです。

    みなさんは会社の職場で無視されたことはありますか?
    多分この記事を読みに来てくれている人ならそういった経験はあるかと思います。


    もう3年ぐらい前の話になりますが、
    何を隠そう僕も職場で無視されていた時代があります

    しかも、職場での一番の権力者から無視されていました。

    さて、では今回は職場で無視をされていた時の僕の超暗黒時代の話をしていこうと思います。
    当時の心境も交えて書いていきますのでどうぞ僕の地獄の体験談を見ていってください。






    熊本の中3男子が自殺を図った問題 学校がいじめ調査書を加害者側に渡す | ガールズちゃんねる - Girls Channel -

    1.無視された理由


    まず、僕がなぜ職場で無視をされたのかを話した行きます。

    大きな理由は一つです。
    仕事が出来なかったからです。

    今振り返ると仕事の出来なさが尋常ではなく、しかも周囲に甘えまくっていました


    口先だけではやる気をアピールしていましたが、実際は全く仕事に熱意なんてものはなく、
    日々仕事を出来ないままにしてダラダラと口八丁で過ごしていました。

    とまぁ今考えても当時の僕はゴミそのものだったのですが、
    ついに職場での一番の権力者に目を付けられてしまいました。

    こうなったらもう大変で、ここから無視される生活が始まってしまいました。


    無視される理由も僕にはあるので自業自得と言えば自業自得なのですが、
    職場の権力者からの無視はかなりキツイし仕事に影響が出ました。
    詳細については後述していきます。





     
    黙殺のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや

    2.挨拶すらも無視

    僕が朝挨拶しても無視。

    仕事中、お疲れ様ですと言っても無視でした。

    しかし他の人が挨拶したら普通に挨拶を返しています。
    これを目の前でやられるとなかなかどうして精神的にキマした。

    挨拶ってされたら返すのが当たり前じゃないですか?
    小学生だって挨拶されたら返します。
    もはや一般常識と化している挨拶への返答ですが、この当たり前の返しがないってかなりキツイんですよね。

    しかもこの無視を朝っぱらからされたらたまったんもんじゃありません、かなり嫌な気分になります。

    しかし、無視をされるからと言って権力者の上司に対して挨拶もせずに素通りするわけもいかないので、対面上は挨拶をしなくてはならないわけないので本当に嫌でした。

    挨拶すら無視をするという上司の人間性を疑いましたね。
    マジかよと思いました。

    大人げなさすぎるだろと今でも思います。


    挨拶に返答がないというのはいついかなる時でも嫌な気分になりますので、
    どうか挨拶は必ずに返してくださいお願いします。




     

    3.仕事も聞けない

    職場で無視をされる最大のデメリットは、仕事を聞けないということです。


    無視をしてくる上司にしか聞けないような内容の仕事が回ってくるともう地獄です。
    もちろん無視されて教えてくれないので自力でやるしかなくなるんです。


    しかし、分からないことを聞かずにやって自分でやっていい結果が出るわけもなく、
    他の上司に怒られるわけです。

    いやぁ今思い返しても仕事を聞けないのが何より一番キツかったです。

    何でもかんでも一人で調べてやらなきゃいけないわけですからね、時間もかかりました。
    ミスも沢山しました。

    しかし、なんだかんだで自分で調べてやる癖をつけたおかげで少し仕事が出来るようになったのは
    皮肉的というかなんというかですね笑

    しかしメンタルが弱い人だとこういった状況に耐えられないと思いますので仕事に関する無視は絶対に辞めていただきたいです。

    というか百歩譲って挨拶とか無視は分かるんだけど仕事に関する事の無視は辞めろよ

    と強く思います。

    ここは学校じゃなく社会です。
    仕事は遊びじゃなく利益を追求する場所です、なので無視によって不利益をもたらす上司は今考えると無能と言えるでしょう。





     

    4.飲み会などにも呼ばれない

    職場の権力者に無視をされると、もちろん飲み会にも呼ばれなくなります


    そして、権力者主催の飲み会じゃなくて、権力者にビビって誰も僕を呼ばなくなりました

    同調圧力というものは本当に恐ろしいもので、権力者の上司に無視されてから
    みんなが僕を腫れ物のように扱うようになりました。


    他の人たちは無視はしないのですが、明らかによそよそしくなったんですよね。
    僕と仲良くしてると権力者の上司から嫌な顔をされるので、みんなが僕に近づかなくなりました。

    飲み会にも呼ばれないし、周囲もよそよそしいため、僕は次第に周囲の人間とも会話をしなくなりました。

    思い返せば思い返すほど当時の僕は地獄のような状況だったと思います。
    精神持ったのが本当に不思議ですね。

    このブログに会社の愚痴を書きまくってた頃が懐かしい・・・
    何だかんだでここに愚痴を書きまくってストレス発散していたから今があるのかなと思います。



     

    5.本当に無視は辛かった


    結論:無視されるという事は辛すぎる


    人間はコミュニケーションの生き物ですので、無視をされるのが一番精神的にキツイと感じました。
    怒鳴られたり殴られたりするよりも、無視が一番精神的にきます。

    まるでいないもののように扱われると、精神がやられて来ますし、自分の存在そのものを全て否定されているような気持になります。

    無視は立派なパワハラです。
    完全にコンプライアンス違反ですし、そもそも人間として終わってます。

    小学生とか中学生が気に入らないやつを無視するのとはわけが違います。
    分別がついているハズの大人が無視をするのは明らかに異常で幼稚です。


    無視をされるのは本当につらくて苦しくて悲しいので絶対に無視という行為をするのはやめましょう。






    皆さんこんにちは、ダメリーマンのアベです。

    僕は高校卒業後、就職先が決まらずに数年間ぐらいフリーターや色んな職を転々とした時期があります。

    その時、週休1日の職場で働いていあ時期がありました。

    当時の僕はドロップアウトをしかけていて、友達に誘われるままに肉体労働の自営業の会社に入社し、仕事を始めました。

    一般に言われている土方仕事というやつですね。

    肉体労働かつ週休1日の職場でしばらく働いたのですが、本当にきつかったです。
    今考えても地獄以外の何者でもありませんでした。

    今回は、そんな週休1日の職場にしばらく務めた時の感想を話して行こうと思います。






    chikaratsukiru_businessman

    1.疲れが本当に取れない・心が休まらない


    週休1日の勤務体系を経験しましたが、本当に疲れが取れません。

    仕事が終わったら肉体的にかなり疲れているので基本的に早く寝ます。
    肉体労働なので朝5時起きですぐに現場に行っていたのもありますが。

    朝5時に起きて夜11時ぐらいに寝る生活をしばらく繰り返していましたが、疲れがどんどん蓄積していきました。

    毎日仕事中に頭の中にモヤがかかるようになってきて、仕事に全く集中出来ませんでした。

    1日中必死こいて奴隷のように親方にこき使われて肉体を酷使してたらそうなりますよね。今考えても異常な世界だったなと思います。


    さて、肉体の疲れだけなら百歩譲ってまぁいいんですけど、問題は心が休まらないという事です。

    仕事中に怒鳴られ、ヤジを飛ばされながら下っ端として雑用もしていると心が磨り減ります。
    当時は本当にきつかったです。
    まさにカースト最下位に位置していました。

    イジりとかいうレベルなら言いですけど、今思えばイジメと言っても過言ではないレベルでした。

    今で言うパワハラとモラハラですね。

    毎日毎日心が疲れ切きっていましたが、週休1日で心が休まるはずもなく、本当にキツかったです。

    僕の休日は毎週日曜日のみだったのですが、気持ちが少し軽くなる時は土曜の夕方〜夜だけでした。

    日曜日は休みですが、また翌日から地獄の6連勤が待っていますからね。
    その事を考えると死ぬほど憂鬱になりました。

    これがまだ週休2日なら心も身体も休まる猶予があるのですが、週休1日は全然休まりません、はっきり言って地獄でした。





     job_it_dokata

    2.自分の時間が全然無い


    当時の僕は毎朝5時に起きて夜の20時頃家に到着するという日々を送っていました。

    すると、仕事の日に寝る時間を除くと1日に自由な時間って2時間ぐらいでした。

    普通に社会人やってるとそのぐらい普通じゃんと思うんですが、これが週休1日ならどうでしょうか?

    自由な時間が全然無いんです。
    僕的にこれが1番キツかったです。
    自由な時間が無いと言うことは、完全に働く機械になっているということです。
    なんの為に、何を楽しみに生きているのか良くわからない状態でした。

    これも週休2日あれば全然違うなと思いました。

    週休2日あれば旅行にも行けますし、全然違います。
    週休1日だと日帰りしか出来ません。
    しかも全くゆっくり出来ないですからね、本当にツラかったです。

    趣味のゲームもやる時間がなく毎日毎日仕事の嫌なことを考えるながら生きる生活をしていました。

    プライベートの時間が少ないと人間モチベーションも全く保てないです。

    僕は仕事よりプライベートに楽しみを見出したい人間なので週休1日というものはたまらなくツラかったです。

    やはり自分の時間がないと人間ダメです。



     job_tobisyoku

    3.週休1日に慣れたらダメだと思った



    ここまで週休1日というものが本当にツラかったと力説しましたが、何だかんだで働いているうちに慣れてきた自分も居ました。

    周りの人達を見ていると、週休1日が当たり前なので、周囲の人間が誰もその事に疑問を持っていなかったというのも原因ではあります。

    しかし、人間の慣れという能力はすごいもので、劣悪な環境でもそこに身を置いていると慣れてくるんです。

    本当にツラかったですが、そんな僕もその環境に慣れて来ていました。

    ですが、友人と話しているとみんな週休2日でプライベートも充実していたんですよね。
    そして、友人から週休1日は普通じゃないと言われました。

    その時に改めて僕って仕事ばっかりしているんだと思い、辞めることを決心しました。

    そしてその職場を辞めて何やかんやあり今の会社で働いているわけですが、完全週休二日制土日祝休み、夏休み年末休みあり、有給20日完全消化義務の会社で今は働いています。

    ツラかった事をバネにして死にものぐるいで努力して今の会社に入ることが出来たので、今でもしがみついています。

    改めて週休1日で働いている人達は本当にすごいなと思っています。
    もう僕なら耐えられないと思います。


    そんな今の僕ですが、週休2日でも足りないよ等と思ったりする時もあります。
    なんなら週休3日にしろと思ってます笑

    いやぁ人間の欲というものは際限が無いですね(笑)

    しかしながら僕は無能ですので自分の相応を弁えているのでこれ以上の高待遇は望まないようにしています。

    転職して今より良いところになんて行けないと思いますし、何だかんだ安定していますので他に行く気もありません。

    以上、僕が週休1日の職場で働いていた時の体験談でした。

    2度と戻りたくないです













    みなさんこんにちは、ダメリーマンのアベです。

    新型コロナウイルスの収束の目処が見えない今、世間ではテレワークが推進されています。

    現場で働いてる人はテレワークは難しいですが、事務方のテレワークはどんどん拡大されています。
    僕も現在週に2日に程度テレワークを実施しています。

    さて、そんなテレワークですが、最近思う事があります。

    それは、
    在宅勤務勤務中に電話を拒否するバカがいる事です。

    今回はそんな人間に対する僕の愚痴がメイになります。
    それでは在宅勤務の電話問題について語って行きたいと思います。







    zaitaku_telework_man

    1.僕がテレワーク中の相手に電話拒否された事例


    通常時であれば、僕は基本的にメールで問い合わせるのではなく電話で話しています。

    何故かと言うと、電話の方が端的に情報が伝わり、相手の聞きたいことにもすぐに答えられ、その場ですぐに問題を解決する事が出来るからです。

    もちろんメールで問い合わせる事もありますが、それは事情が複雑だった場合で、文章に起こさないと相手に正確に伝わらない場合等ではメールで問い合わせをしています。

    簡単な質問とかは電話の方が圧倒的に楽なので、基本的には電話でいつも問い合わせをしています。


    さて、本題に入るのですが、普段会社に出社していると普通に電話をしてくれる人でも、テレワークになると電話を拒否するバカが少なくありません。

    緊急的な案件でもメールで寄越せと言ってくるのです。

    お察しの通り、こういう事を言う輩は大抵メールでもレスポンスが非常に悪いです。

    レスポンスがあまりにも悪いので、携帯電話に電話したりすると、露骨に不機嫌になります。

    もうね、バカかと。
    テレワークを休みか何かだと勘違いしているのでしょうか?
    僕には理解出来ません。

    テレワーク中の相手に電話をした時、
    テレワーク中は電話をしないでくれ直接言われた事もあります。

    開いた口が塞がりませんでした。

    僕的には本当にありえないと思うのですが、これが普通なのでしょうか?
    僕には分かりません。




     business_online_syoudan_uchiawase

    2.テレワークは休みではなく"仕事"です、働け



    ここからは僕の意見になるのですが、テレワークは休みではなく仕事です。働け!

    と言う事を声を大にして言いたいです。

    会社に出社していたとしても、自宅でテレワークをしていたとしても、同じ給料が発生しているわけですし、最低でも普段通りの仕事をする義務はあります。当然の話です。


    それをテレワークだからという理由で電話を拒否するのはありえない話ではないでしょうか?

    大体こういう事を言うやつほど無能だったり無駄に偉そうだったりします。

    実際にテレワーク中に電話を拒否している人間全員お世辞にも仕事が出来るとは言えません。

    こういう輩が増えてくから日本の企業はテレワークをやりたがらないんだなと実感しています。

    普通に出社して仕事をしている方がよっぽど生産性は高くなると思いますし、こういう実情を見てしまうと僕が経営者だったとしてもテレワークは推進したくないなと思いました。

    僕個人は底辺サラリーマンなのでテレワークはめちゃくちゃ楽なので賛成なのですが、実際に周りもテレワークを始めるとどんどん仕事しにくくなってるなと感じます。

    テレワーク中の人間に電話をする事をためらう人が出てきているのも事実です。
    相手がテレワークをしていると遠慮して電話をしない人もかなりの割合で存在しています。

    確かに不機嫌になったりするバカも多かったりするので気持ちは分かるのですが、どんどん電話していいと思います。
    だって勤務中ですしね。



    テレワーク中に電話が出来ないってどんな理由なんですかね?
    こういうやつは家では一言も声を発せない状況なのでしょうか?
    なら家でテレワークなんてすんなよバカじゃねぇの?

    と僕は常々思っています。

    最後に僕が言いたい事は一つです。


    テレワークは休みじゃねえんだよ働け

    以上、ダメリーマンの愚痴でした。




    みなさんこんにちは、ダメリーマンのアベです。

    えー、僕が社会人になってから結構な年数が経過しました。

    今でも死んだ顔で毎日出社している社畜であります。

    毎日毎日本当に上司の顔見たり、アホな注文を受けてうんざりしている日々を過ごしています。

    さて、社会人をしていると誰もが思う事があります。それは...

    仕事を辞めたい

    と言う事です。

    嫌なことがあったり、仕事自体が辛かったり、人間関係が上手く行かなかったり、待遇が悪かったり、
    理由は様々ですが、社会人をしていて仕事を辞めたいと思った事がある方は多数いると思います。

    現に僕もその一人であり、仕事なんて嫌なことしたくありません。


    さて、では実際に口に出して仕事を辞めると言っているのかと言われると言ってないです。

    そんな事を言っても何も解決しないですし、意味がないからです。
    心の中でたまに思う程度です。

    しかし、僕の職場では毎日のように辞める辞める言っているヤツが存在しています。

    その人は結構いい歳です。ぶっちゃけかなり歳上の人間です。

    その辞める辞めるアピールがまぁうざいです。

    とんでもない程目障りで、耳障りです。

    そこで僕は思いました。
    辞める辞める言うなら早く辞めろよと。

    しかし辞める辞める言ってるヤツは一向に辞めません。
    辞める素振すら見せません。

    辞める辞めると言ってる奴ほど実際に辞めないんですよね。

    では何故辞める辞める詐欺をするのか?
    何故辞めると言い続けるのか、その理由を私見を交えて考察して行こうと思います。






    shigoto_sabori

    1.辞める辞める詐欺をする理由

    辞める辞める詐欺をする理由は簡単です。

    構って欲しいからです。

    辞めると言うことで、他人の気を引きたいっていうのもありますし、引き止めて欲しいって心理もあります。

    実際に、辞めると言っているヤツは、引き止めてもらったら気持ち良さそうに笑ってます。

    「○○さんが居なくなったら困りますよぉ!」

    と周りの若手がおだてるわけです。

    めちゃくちゃ気持ち悪いやり取りです。

    馴れ合いの極みとでも言いますか、ただただ気持ち悪くて目障りです。

    そう、辞める辞めると言って周囲に構ってもらう事でちっぽけな承認欲求を満たしてるわけですね。

    いい歳して何をしてるんだよと情けなくなります。

    僕の会社の場合ですが、この辞める辞める言ってるヤツ、1番仕事してないんですよ。

    仕事量もかなり少なく、普段の仕事はほぼ何もしてないです。
    会社に来てもその辺フラフラ歩いてタバコ吸いに行ったり、仕事中に周りの人間に世間話を仕掛けに行ったりしてます。

    これがウザイことウザイこと。

    辞める辞める詐欺と相まってウザさ百倍です。

    こういった人種は周りから見るとストレスの元でしかないです。
    本当に迷惑。






     business_taisyoku_todoke

    2.とてもウザイので今すぐ辞めてください

    えー、辞める辞める詐欺の人間に僕が言いたい事は1つです。
    今すぐ辞めろ

    これだけです。

    辞める辞める言い続けて辞めないのは本当に目障りであり、理解が出来ないです。

    取り敢えずウザイので今すぐ辞めてください。

    内心周りの人間は辞める辞める言ってるヤツの事を鬱陶しいなと思っているハズです。

    周りのみんなの為に是非とも辞めてくださいませ、お願い申し上げます。





     0cf100b3db0eb4f17f9d424205c42e00

    3.もし口癖になってたら治しましょう

    先程は一刀両断してしまいましたが、もし悪気なく日常的に辞める辞めるって言ってる人が居ましたら、是非ともその口癖を治しましょう。


    辞める辞める連呼されると、周りの人間のモチベーションも下がりますし、かなり鬱陶しいです。

    本人にとっても全くメリットが無いというのが実情です。

    心の中に思うだけなら自由ですが、いい大人何ですから構ってもらいたいからとかそんなクソみたいな理由で辞めると会社で発言するのは絶対に辞めたほうが良いです。

    会社の同僚や上司からの評価も下がりますし、モチベーションも下がります、負の連鎖しか起こりません。

    どうしても何処かで辞めると発信したいのなら、誰にも迷惑がかからないところで発言してください。

    ブログとか開設して便所の落書きみたいに愚痴を書くのもおすすめですよ。
    僕のこのブログも最初は会社の愚痴しか書いてませんでしたしね。












    みなさんこんにちは、ダメリーマンのアベです。

    新卒で入社して社畜として働き続けること早10年目に到達しそうな僕ですが、
    現在は平社員として働いています。

    いわゆるペーペーですね。

    さて、そんなぺーぺーの僕ですが、最近思うことがあります。

    それは、絶対に管理職になりたくない。
    ということです。

    昨今、出世を望まない若者が増えている等とメディアでも騒がれていますが、
    珍しく的を射た報道だと思います。

    実際、管理職になりたくないという若者はとても多いです
    僕の仲の良い同期が10人前後いますが、誰もが管理職になりたくない、出世したくない。
    と言っています。

    では何故管理職になりたくないのか?
    その理由は簡単です。

    責任だけが増えて貰える給料はそこまで変わらないからです。

    昔と違い、今は役職がついたところで大して貰える給料は変わりません。

    さらに、管理職は上からも下からも文句を言われて板挟みに合い最悪です。

    「管理職(課長)なら部下に偉そうにできて最高じゃん!
    ふんぞり返って偉そうにしてるだけで高い金貰えるなんて管理職ずるい!!」

    なんて事を入社時の僕は思っていました。

    が、そんな事は社会経験が無かった若造の勝手な妄想であり、
    実際の管理職は重い責任を負わなければならず、上から叩かれ下にも気を使わなければなりません
    上が示した数字というノルマに追われ、何かあったときは責任を負い、
    部下達にも気を使わなければならないのです。

    最近はコンプライアンスもかなり厳しくなっていますので、パワハラなんてしたら終わりですからね。
    部下に訴えられたりなんてしたら会社で吊るしあげられてペナルティを喰らいます。

    管理職って僕たち若者から見たら夢がないんです
    これで貰える給料がかなり多くなるとかなら管理職になろうという若者も増えてくると思うんですが、
    実際課長になったところで貰える給料はそこまで変わりません。

    いまだ日本は年功序列のシステムは消えておらず、年功序列で給料が高くなる上に、
    平社員でも会社から評価を与えられれば多くの給料を貰えます。

    要は管理職になってもデメリットばかり目立ってメリットを全く感じられないんですよね。

    責任だけがとてつもなく重くなり、ストレスばかりが増え続ける管理職。
    しかし貰える給料は大して増えない。

    絶対に管理職にはなりたくないです。

    これが給料が今の二倍以上になるとかなら管理職になろうと考える若者も増えるとは思うんですが、現状のままだと管理職になろうとする若者は少ないです。

    ストレスを出来るだけ最小限に、仕事にあまりパワーを注がずのらりくらいと働いて生きていけるお金を貰い、プライベートを充実させたい。
    仕事の為に生きるのなんて馬鹿らしい、生きるためにしょうがなく仕事をするんだよ。
    といった考えの若者が増えています。僕もその一人です。

    今後は管理職になりたいと思う若者はどんどん減っていくでしょう。

    会社側からすると社員の高齢化もあり、現在管理職がどんどん退職していっています。
    なので、若者をどんどん育てて将来的に管理職に据えるといった動きが僕の会社でも活発になってきています。

    しかし僕はそんな会社の思惑なんて知ったこっちゃないので、出世というものに関しては拒否していこうと考えています。

    平社員という身分が一番気楽ですし、ほかの社員の責任まで負いたくないです。
    のらりくらりと適当に仕事して生きていければいいですからね、仕事なんてものに人生かけたくないです。

    以上、ダメリーマンの僕が管理職になりたくない理由でした。
    久しぶりにゴミクズ社畜日記を書いた気がする笑















    このページのトップヘ