皆さんこんにちは、アベです。

今更ではありますが、先日SEKIROをクリアしました。

合計4週したわけですが、めちゃくちゃ面白かったです。

さて、では早速SEKIROの感想と評価を話して行こうと思います。

ちなみに僕がプレイしたのはPS4版になります。





91Y5lK-SQbL._AC_SX425_

1.ストーリーの感想

まずストーリーの感想ですが、今までのフロム作品とは違いストーリーが分かりやすいです。

不死の呪いを巡る骨肉の争いがメインの話で、ダクソシリーズ等と比べてストーリーがかなり分かりやすかったです。

また、本作SEKIROはマルチエンディングを採用されており、4種類のルートに分岐します。ルート毎にストーリーが変わるのは勿論の事、戦うボスも変化してとても面白かったです。

メインキャラクターだけでなく、各サブキャラクターとサブイベントも多数用意されており、寄り道要素も豊富です。

メインストーリーは比較的分かりやすく面白いですが、考察のしがいがある内容です。

SEKIROをクリアしたあと、考察サイト等を読むとより一層SEKIROのストーリーが好きになりました。

弦一郎や梟等、敵キャラにも魅力的なキャラクターが多いのがSEKIROの魅力ですね。








gg2019-sekiro_main-thumb-640x426-12481

2.アクション・難易度の感想

SEKIROは高難易度アクションゲームです。
俗にいう死にゲーと呼ばれています。

本作SEKIROはフロムの過去作である、ダクソシリーズとは違い、レベルやステータスという概念が無いです。
なので、レベルを上げてゴリ押しすると言った従来のプレイが出来ない作品となっています。
おそらく、フロム作品のソウルシリーズの中でも一番難しいのではないでしょうか?

信じられるものは己が腕一つ、勝つためには相手の動きを見極め、プレイヤー自身が成長していくしかないアクションゲームとなっています。

一応忍具や、スキルで回復量増加等のパッシブスキルを習得するのは必須ではありますが、基本的にはプレイヤーの力量で戦っていくゲームです。

SEKIROは多種多様なボスが用意されており、そのボス一人ひとりが特徴的な動きをします。

なので、プレイヤーは各ボスの動きを覚え、それに順応していく必要があるわけです。

初見プレイで一周目をプレイした時の僕は、本当に数えきれないぐらい死にました
どのボスも、初見では絶対にクリア出来ないだろこれ・・・
と思わされるぐらいの絶望を味わいました。

しかし、死にまくりトライアンドエラーを繰り返し、
相手の動きを覚えることで一瞬の隙にダメージを与え、弾きを成功させ、体幹を削って忍殺する。
強敵を倒した時に達成感は他のアクションゲームとはくらべものになりません。

死ねば死ぬほどプレイヤー自身のスキルは上がります。
心が折れない限り主人公SEKIROは強くなるのです。

一周目の僕は数えきれないぐらい死にましたが、二週目以降は死ぬ回数が減っていきました。
集会を重ねるごとに敵は強くなる仕様なのですが、僕のプレイヤースキルが上がっているので死ぬ回数はグッと減っていきました。

気づけば僕はSEKIRO中毒に陥っていました。

翌日仕事なのに寝る間も惜しんでゲームを続けたのは久しぶりかもしれません。
まさかこの歳でここまでゲームに熱中するとは思いもしませんでした。

心が折れる寸前のその先に、このゲームSEKIROの真の楽しさが待っています。







fgr_01

3.グラフィックの感想

グラフィックの感想ですが、素直にきれいだなと思いました。

SEKIROは日本が舞台であり、和の雰囲気が素晴らしいです。

日本特有の四季が再現されており、背景が特に美しいと感じました。

また、本作SEKIROはキャラクターのグラフィックも凝っており、人間はもちろんの事
人外の敵キャラもグラフィックが凝っています。




4.システム・UI周りの感想

お次にシステム周りの感想ですが、
僕はPS4版SEKIROをプレイしていましたが、頻繁にロードするゲームでありながら、ロードが長いと感じました。

これは間違いなくPS4のスペック問題であり、動画で確認したら、PC版だとロードは爆速でした。
システム周りで気になったのはこの辺ですかね。

他は豊富な道具や忍具などがあり、色々試しながら使うのが楽しかったです。
忍具を強化していくのも楽しみの一つですね。

レベル上げやステータス上げ要素がないので、素材を集めて忍具の強化要素があるのが嬉しかったです。

とは言え、最終的には大抵忍具や回復以外の道具は不要になり、己が腕一本で事足りるのですが...笑

どうしても正攻法の攻略が難しい場合のお助けアイテムと言った認識ですね。

システム的に、基本的にはジャストガードをしまくれば勝てるゲームなので、忍具やその他補助アイテムや攻撃アイテム等は最終的に不要となります。

ちなみに、本作は初見プレイだと滅茶苦茶難しい作品ですが、難易度変更等は一切はありません
良くありがちな、EASY NORMAL HARD 等と言った難易度変更は存在しません。

どれだけ難しくても死にまくってクリアしなければなりません。
強い心が必要となっております。
うーん鬼畜システムだ





5.まとめ

最後にまとめになりますが、僕的には名作ゲームでした。
滅茶苦茶面白かったです。
久しぶりに狂ったように熱中しました。

ストーリー〇
グラフィック〇
アクション◎
システム周り△
世界観◎

このような評価になりますね。

ただしこのゲーム、間違いなく人を選ぶゲームです。
超高難易度アクションゲームに挑戦したい人、高難易度ゲームが好きな人、
折れない心を持ってる人でなければクリアできないと思います。

何か面白そうだから興味本位で買ってみようと言ったライト層からすると、
正直クソゲーになりえます

興味があり、購入する際はYOUTUBE等でSEKIRO初見の人の動画を一度見てみると大変参考になると思います。

以上がSEKIROの感想と評価になります。
いやぁ面白かった。





       
スポンサーリンク

    コメントする

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット