皆さんこんにちは、ゲーム大好きサラリーマンのアベです。

先日、僕が愛用していたPS4の純正コントローラーがご臨終しました。

十字キーの下を押したら右も入力されてしまうと言った感じの壊れ方をしてしまいました。

さっそく新しくPS4の純正コントローラーをネットで探しましたが、高すぎる...

結果、Amazonで販売している3000円前後の中華製コントローラーを購入しました。

早速ですが、実際に中華製PS4をコントローラー使ってみた感想と評価を話して行こうと思います。





1.中華製コントローラーの紹介

まずは僕が購入したAmazonの中華製コントローラーを紹介します。

shopping


これです。
日本語レビューが多く、少々中華製コントローラーの中では割高ではありますがこれを選びました。
レビューはかなりの高評価ですね。

お値段は3500円、まぁまぁの出費です。
見た目は純正コントローラーに似ていますね。

それではこちらの中華製コントローラーのレビューをして行きたいと思います。

IMG_20220105_071901

ちなみに上記の画像が僕が実際に購入した中華製PS4コントローラーです。



2.実際の使用感

実際の使用感ですが、結論から言うとゴミです。

言えね、勿論良いところもあるのですが、噛み砕いて説明していきます。
まず良いところを箇条書きで説明していきます。

①純正と比べて安価
安いのは単純に嬉しい

②純正に似たフィット感
造形がかなり純正に寄せて作られてる為違和感がない

③一応ゲームは普通にプレイ可能
④一応純正と同じ事は全て出来る

良いところはまぁこんな感じですね。
一応と書いてあるところがキモです。







それでは次に悪いところを話します。

①十字キーがゴミ、誤反応する
下押したら右や左も同時に押される事が多々発生する


②アナログスティックの感度が高すぎる
アナログスティックの感度が非常に高い為FPSには不向き
精密な操作は出来ない

③各種ボタンの反応が悪い
○ボタンを軽く押しても反応しないと言ったことが多々ある。意識して強めに押し込まないとダメ


④音質がゴミ
コントローラーの音声端子にヘッドセットを使ってみて通話したが音質が非常に悪かった


⑤微妙な入力遅延が発生する事がある
体感ですが、明らかに入力出来ていない場合有り


とまぁ実際に中華製コントローラーを使用してみた感想はこんな感じですね。

流石中華製コントローラー、一筋縄では行かないと言ったところか。




3.どんな人が買い?

まず結論から書きますが、激しいオンラインアクションゲーム、入力精度が要求される対戦ゲーム等には適していないです。
格ゲーなぞもってのほかです。

僕はガンダムマキシブーストオンをプレイしましたが、使い物になりません。
また、FPSにも使い物になりませんでした。

ではどんな人が買い?
という事ですが、RPG等のオフラインゲームを主軸にプレイする人です。
入力精度がそんなに要求されないゲームでは中華製コントローラーでも問題ありません。

たまに誤動作でイラつく時はありますが、一人用のオフラインゲーム程度では問題なく使えています。

テイルズオブアライズ等のアクション要素有りのゲームでも普通にプレイ出来ています。

細かい入力精度が要求されないゲームでは問題無く使用出来るので、そういった使用用途でコストを抑えたい方にオススメです。


ただし、耐久性は保証出来ないのがまた難点ですが...笑



4.結局純正コントローラーが1番

えー、ぶっちゃけます。
純正コントローラーが1番です。

僕はオンラインでバリバリ対戦ゲームをやるので、結果的に純正コントローラーも購入しました。(下記画像)

IMG_30mwmv

Amazonで6000円ちょいで購入しましたが、やはり全てにおいて純正コントローラーの品質が上回っています。

これからは純正コントローラーの寿命を少しでも伸ばす為に、中華製コントローラーはオフラインゲーム用で、純正コントローラーは対戦ゲーム用として使って行こうと思います。

対戦ゲームメインだと中華製コントローラーは安物買いの銭失いになりますのでご注意を!

オフラインゲーム専門でもストレス無くゲームをやりたいのであれば純正品1択だなと思います。

PS4の純正コントローラーだけはまだまだ需要があるのでSONYさんには沢山製造していただきたいところです。












       
スポンサーリンク

    コメントする

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット