みなさんこんにちは、ダメリーマンのアベです。

僕が社会人になってから10年弱が経過しました。
新卒から入社し、ずっと会社員として社畜生活を継続中です。

さて、僕が会社員として生活して来た中で、職場で信用されていない人をこれでもかと言うほど見てきました。

では何故職場で信用されなくなくなるのか?
その理由を僕の実体験を元に特徴を話して行こうと思います。






793

1.人の手柄を横取りする人

人の手柄を横取りする人、職場で見たことありませんか?
僕は腐るほど見てきました。

人の手柄を横取りする行為をするのは、ガチで嫌われます。

自分の手柄にする為に、部下に作業させたり同僚に作業させたりして、最終的には自分が報告したりして会社から評価を貰っているような人間は一定数存在しています。

今まで必死こいてやってきた仕事が結果を出したとき、その成果を全て人に取られるのってムカつきますよね?
僕はそういった人間は大嫌いです。

手柄横取りする人間はコスいというか、人として終わってるなぁと思いますので絶対に近寄らないようにしてますし、仕事を頼まれても僕は断ります。

こういった人間はどこに行っても嫌われますのでご注意を。




sagishi

2.嘘つき、責任転嫁、非を認めない人

すぐにバレる嘘、適当にその場をやり過ごす為に嘘をつく人、あなたの職場に居ませんか?
僕の職場には居ました。

その場しのぎの適当な嘘をつく人間は分かってないのに適当に相槌を打つのも特徴的です。

さらにこういった自己保身が強すぎるコスい人間は何かあった時、自分の非を認めずに、他人に責任転嫁する人がとても多いです。

こういった人間は誰からも信用されなくなります。
仕事も教えてもらえなくなり、仕事も与えられなくなり、挙句の果てには無視されて干されます。

何故すぐバレる嘘をついたり、責任転嫁をすぐにするのかは分かりませんが、確実に周囲には見透かされています。

本人はバレてないつもりなのかもしれませんが、どう見てもバレバレです。本当にありがとうございました。

上記の行動は物凄い勢いで信用を無くしますので、ご注意を。






3.当日急に休む人

当日急に休む人って居ますよね?
勿論、本当に具合が悪くなったらしょうがないんですけど、明らかに突発休みの頻度が多い人っているじゃないですか?

そういう人はありとあらゆる言い訳を駆使しながら突発休みをするのですが、当然ズル休みだとバレてます。

こういった突発休みをする人は重要な仕事を一切任されなくなります。

さらに、突発休みをする事で人員が1人減る事になりますので、周りの人達の稼働も圧迫する可能性があります。

すると、必然的に迷惑を書けまくるわけです。
結果、信用されなくなるばかりか嫌われます。

突発休みを取りまくるのは間違いなく信用されなくなるので、やめましょう。







kamen_warui_businessman

4.ありがとう、ごめんなさいと素直に言えない人

助けてもらったとき、手伝って貰ったとき、ご足労かけたとき、感謝の言葉を言うのは当たり前ですよね?

さらに、迷惑をかけたとき、不快にさせたとき、ごめんなさいと謝罪するのは当然ですよね?

この当たり前の言葉が言えない人は信用されません。

プライドが無駄に高い人間はこういった謝辞の言葉を発することが出来ません。
独りよがりの人間がとても多い印象です。

挨拶は当然の事ですが、ありがとうとごめんなさいをきちんと言えないと間違いなく嫌われますし、信用されません。

仕事の人間関係なんて言葉でしか伝わらないので、心当たりがある方は是非とも普段からありがとうとごめんなさいを素直に言える人になりましょう。






5.意味の分からない所ですぐに感情的になる人

よく分からないタイミングですぐ感情的になる人は信用されません。

仕事の話で筋が通っていなかったりしたら多少感情的になるのは仕方ないと思うのですが、仕事関係ない所でマイルール全開で感情的になる人間はありえないです。

僕の現在の部署にもこういった老害が存在しています。
すぐ怒る上にトンチンカンな事ですぐ感情的になってキレます。

勿論この老害は社内どころか関連会社全体からも嫌われていて信用されていません。

とても幼稚であり自分の事しか考えてないのがすぐにわかります。

筋の通らないこと、間違っている事を正すときに感情的にって怒るのは必然ですし、こういう場合は逆に信用されます。

しかし、トンチンカンな場面、訳のわからない理由で感情的になる人間は誰からも信用されませんので、ご注意くださいませ。









       
スポンサーリンク

    コメントする

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット