みなさんこんにちは、ダメリーマンのアベです。

先日、アマプラでゾンビ・サファリパークという映画を見ました。

邦題はゾンビ・サファリパークというギャグゾンビ映画っぽい名前ですが、バリバリのシリアス映画でした。

さて、今回はそんなゾンビ・サファリパークを見た感想を書いて行こうと思います。





155

1.良かった点


先程も言いましたが、ゾンビ・サファリパークとかいうふざけた邦題の割にはギャグではなくシリアスものでした。

この映画、ゾンビものの王道をほぼ全てを網羅してるレベルでゾンビもの映画として見せ方が良いです。

ゾンビは時が経てば経つほど緩慢になり、ゾンビなりたては全力疾走してきて緊迫感もあります。

そして特筆すべきは戦闘シーンです。

弾幕が豊富なタワーディフェンス型戦闘や、陣を組んで少ない弾で前に進んでいく緊迫感のある戦闘や、銃がない状態の絶望の戦闘等などとにかくゾンビものの王道戦闘を網羅していました。

低予算ながらも見せ方がとにかく良かったと思いました。
全体的に緊迫感が出ていて見ていて飽きなかったです。

また、本作はゾンビとの戦争で人類が勝利した後の世界で、とある企業がゾンビを島で殺させるストレス発散事業を展開しているという設定なのですが、この設定がなかなかどうして面白かったです。

殺しまくってたらゾンビいなくならね?
と最初思っていたのですが、なんと難民をゾンビ化していました。
鬼畜鬼畜。
ある意味人間の欲望の方がゾンビより質が悪いですね。

そしてゾンビ人権団体とかいう謎の女が島でコンピューターウイルスを企業のネットワークにUSBで撒き散らし、一瞬で島のセキュリティシステムが崩壊します。

ここら辺ガバガバすぎて笑う所です、爆笑。
ただ他の設定が割とよくできているので気にならなかったかなぁ。

細けぇことはいいんだよ!
の精神でゾンビ映画を見ると楽しめますね。
深く考えたらダメです。

何だかんだ王道を行っていたゾンビ・サファリパーク、ゾンビ映画の中でも割と良作寄りだとは思いました。

が、しかし、ある一点で評価ダダ下がりして僕の中ではクソ映画認定ですけどね。

その点に関しては悪かった点で後述しているので是非とも見ていってください。







 130

2.悪かった点

えー、僕がこの映画で1番気になった点を書きます。

それは、主人公兼ヒロインの女が最低最悪でした。

このヒロインのバカオンナのせいでゾンビ・サファリパークは駄作になったと言っても過言ではないと思います。

それでは詳しく書いていきます。

まずこのヒロインは、ゾンビとの戦争で親を失った事でトラウマになり、未来を見れなくなっていました。

そこで婚約者とトラウマ解決の為にゾンビ・サファリパークに参加するわけですが、開幕からゾンビを撃ちません。
目が合ったの...とかいう理由で撃ちません。
何しに来たんだよと思いました。

開幕のこのシーンから察するんですがこのヒロイン、自分で何も決断出来ない優柔不断で戦いも出来ないゴミです。

こいつが作中やる事と言えば他者を非難する事と逃げ惑う事。
典型的な口だけ良い子ちゃんぶる卑怯者です。

仲間がゾンビに噛まれた時、もう助からないのは誰の目に見ても明白なのですが、このバカ女はその場から離れようとしません。
まだ助かるわ...なんていう根拠0の頭お花畑発言をし始める始末。
アホすぎてため息が出ました。

そして噛まれた仲間をバカ女の婚約者が撃ち殺すのですが、何とバカ女がやった行動は婚約者への非難と無視です。

頭おかしすぎて失笑しました。

しかも、婚約者が裏切って逃げた後婚約者がゾンビに噛まれ、殺してくれとバカ女に懇願したのですが何と驚きの行動に出ます。
銃を婚約者に渡して逃げるのです。
自分で死ねという事ですね、あまりの鬼畜ぶりに笑えました。
どこまで行っても自分の手を汚したくないエゴの塊、自己愛がどこまで行っても止まりません。


挙句の果て、ゾンビ・サファリパークで始めて出会った謎のオッサン強キャラの事を意識し始めます。

頭狂ってます、このバカ女はラストシーンでゾンビ・サファリパークの女社長にアンタなんてゾンビ以下よ!とか批難していますが、お前の方が醜悪で卑怯者だよと思いました。

この映画、ヒロインのバカ女が常識人と見せたかったのかもしれませんが、どう考えても作品に合っていません。
命がかかってるサバイバルで出すキャラクターじゃありません。
ゾンビ物のエンターテインメント作品として絶対に主人公として出してはイケないキャラクターでした。

結果、このバカ女と強キャラオッサンが生き残るのですが、バカ女は最後まで批難をしていました。

今後も悲劇のヒロイン商売を続けていくのが目に見えるなぁと思いました。

とにかく僕はこのバカ女にイライラしてこの作品を好きになる事が出来ませんでした。

人権を考えさせるキャラとして主人公にしたのかもしれませんが、もっと違う見せ方の方が絶対良かったと思います。

なんならコンピューターウイルス流出させた女の方がまだマシだったと思うのですが僕だけでしょうか?

偽善者、エゴの塊、卑怯者
そんな言葉が最高に似合うヒロインちゃんでした。

良かった点は容姿と服装ぐらいですかね、あとはゴミ!以上!





 632

3.総評


総評ですが、駄作です。

ゴミヒロインのせいで全てが台無しになりました。
このゴミヒロインが全然違うキャラクターだったら間違いなく僕の中で良作になっていたと思います。

緊迫した戦闘シーンやゾンビのバリエーション、仲間がどんどん死んでいったりとゾンビものとして王道を行っていたのですが、とにかく残念でした。

なりそこない、そんな言葉が似合う作品だなと僕は思いました。




       
スポンサーリンク

    コメントする

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット