皆さんこんにちは、アトリエシリーズ大好きマンのアベです。

この度ようやくSwitch版のリディ&スールのアトリエのやり込みが終了いたしました。

トゥルーエンディングまで見て、NORMALでボス全撃破しました。

一通り全ての要素を堪能しましたので、今回はリディ&スールの感想と評価を書いて行こうと思います。
ちなみに、僕はSwitch版をクリアしました。



images (86)

1.ストーリー周りの感想とDX版追加要素



さて、リディ&スールのアトリエの目的ですが、二人の貧乏美少女錬金術師姉妹がイルメリアの弟子になり、国一番のアトリエを目指す物語です。ちなみに時間の概念はありますが、期限等はないのでご安心を。

様々な課題をこなしてアトリエランクを上げながら、不思議な絵と呼ばれる絵画世界を冒険する物語となっています。

個人的には不思議シリーズで一番好きな流れでしたね。
ある程度の課題をこなしながら自由に移動が出来て割とストレスフリーでした。

中でも絵画世界は色々なシチュエーションがあり、ワクワクしながら探索する事が出来ました。

を題材にしたフィリスのアトリエより旅をしている気分になれました。

色んな世界を楽しめることが出来るので、かなり楽しめました。

肝心のストーリーですが、いつも通りのほのぼのアトリエであり、及第点でした。

リディ&スールのアトリエは不思議シリーズ三部作の終章となっており、不思議シリーズのまとめ的な作品になります。

ソフィのアトリエ・フィリスのアトリエの主要キャラクター達が勢ぞろいしてそれぞれの物語に一区切りをつけます。


コルネリアも父と再開する事ができ(別れた理由は超適当だった)、ドロッセル達も家族と再度一緒になり(感動した)、プラフタも人間に戻る事が出来ました。

ソフィーが号泣していたのは感動の一言、良かったねプラフタとソフィー。
一作目の感動が蘇りました。

トゥルーエンディングでは母親が現世に蘇るという超ご都合主義的な展開であり、美少女錬金術師6人組で旅に出て終わりです。

死者蘇生というとんでもない事をやってのけたのですが、原理はプラフタとほぼ一緒?
魂を抜き出して受肉させたのか?
深く考えたら負けでしょう。

兎にも角にもアトリエシリーズはノリとほのぼのさが売りなので、全体的に満足でした。

美少女錬金術師達のほのぼのシーンも沢山あり、ファンサービスもバッチリでしたね。

ぶっちゃけ、クリアした後も国一番のアトリエのハードルが正直意味不明でしたが。
だって周りの錬金術師やる気ないし、他の錬金術師達が課題受けに来ている様子もありませんでしたからね笑

そこらへんも突っ込んだら負けでしょう。

プラフタとルアードも最後に和解する事が出来、前を向いて歩き始めました。(結婚しろよもう)

とまぁこんな感じで大円団なストーリーでした。満足です。





お次に、DX版の追加要素について話していきます。目ぼしいものだけ紹介します。


①各DLC同梱
コスチュームやBGM、採取地の追加やルーシャとイルメリアが加入します。グラーデル平原も追加。


②上限解放
キャラクターのレベル上限解放
パルテナ等のレベル上限解放
スキル追加
アイテム特性追加等


③ネルケの新シナリオ追加
ネルケが登場し、ネルケの世界を遊ぶことが出来ます。ボスあり
ボリュームは少なめ

④戦闘倍速機能追加
戦闘速度が1ボタンで1.5倍速、2.0倍速にする事が出来ます。
超快適。むしろアトリエシリーズは全部速度2倍がデフォでいいレベル。
これが一番の目玉です。


とまぁ追加要素はこんな感じです。
ぶっちゃけ、無印版をやり込んだ人が再度買う価値があるかと言われれば微妙です。
新規には超嬉しいですね。
そんな評価。





 images (87)

2.キャラクターの感想

お次はキャラクターの感想です。

男キャラは割愛しますが、割と良かったです。シリーズの中では割と魅力的な方だったと思います。(ロジーさん一強すぎる)

リディ&スールのアトリエの登場キャラは、美少女ばかりで僕みたいな豚には素晴らしいものでした。

右を見ても左を見ても美少女ばかりであり、パーティーメンバーも男は二人だけで残りは美少女錬金術師のみ。

うん、最高でしたね。

不思議シリーズは特にキャラクターが良いですね、ソフィーを始め、フィリス、リディ&スールとハズレがいません。

中でもイルメリアが1番ぶっちぎりで可愛かったなぁ。
師匠をイルメリアにしたスタッフは英断すぎる、GJ(死後)。

やっぱり古き良きツンデレはいい文化だ。
フィリスちゃんと幸せな家庭を築いてくださいね。

新キャラであるルーシャもいい味出してました。
ツンデレキャラおかわりとか最高かな?
声優さんの演技もすごかったです。

余談ですが、イルメリアの3dモデリングが特に綺麗だと感じたのは僕だけでしょうか?
絶対スタッフ、イルメリア好きでしょう笑

逆にスールの3dモデリングが個人的に酷いと思いました。
何か最後まで違和感あって可愛くなかったんですよね。

どうして主人公なのにあの3DモデリングでOKしたんだろう、最後まで謎でした。

リディは可愛かったのになぁ。

以下比較
images (91)

images (90)

うん、やっぱりなんか気合な入り度が違うよ。贔屓、良くない。

グラフィックの話は置いといて、リディ&スールのアトリエはキャラクター関連のイベントも盛り沢山で良かったです。

好感度も勝手に上がっていくので、勝手にイベント消化出来るのも面倒くさくなくて◎

歴代ファンは割りかし満足出来ると思います。




 images (92)

3.戦闘システムの感想

戦闘システムですが、個人的にそこそこ楽しかったです。

基本的に前衛後衛ペアで戦うのですが、パーティーの殆どが錬金術師です。

バトルミックス(戦闘中の調合)とか色々な要素があるんですが、脳筋フィリスちゃんが全てを解決してくれるので要らないです。

フィリスのフォロースキル連打が強すぎてせっかくの戦闘要素が割と意味ないものになってたのが残念でしたね。

ストーリー中でまだインフレしてない時からフィリスの存在感は圧倒的ではありますが、割りかし調合アイテム等を使って戦闘の駆け引きを楽しむ事が出来ました。

クリアまではフィリスを育てすぎない方が良いかもしれませんね笑

フィリスを始めとして、ソフィーもそうですが、このゲームフォロースキルが強すぎるんです。

なので他の色々なシステムが活かしきれてなかったのが残念かなと思いました。

もっと前衛後衛スイッチしながらワチャワチャするような戦闘が個人的には好みでしたね。

でもフィリスアトリエの戦闘システムよりかはこちらの方が好みでした。

個人的に好きなカップリングを作ってバトルさせるのが一番楽しいやり方かもしれませんね。




 images (89)

4.調合システム等の感想

本作の調合システムは結構分かりやすいです。

フィリスのアトリエよりわかりやすくなり、結構簡単になりました。

フィリスのアトリエでは煩わしかった調合のアイテム毎の熟練度も廃止され、コルネリアのアイテム複製店も復活したので格段に調合周りが快適になりました。

武器がコアとサブで後から合体させるシステムに変わり、ちょっと面倒くさくなったり。

ただし量産化は簡単なので、一度作ってしまえば楽です。

得てして調合のシステム周りは全体的に快適になりました。


UI部も特に不満は無かったです。

取っつきやすい調合システムだと言えますね。
アイテムも5000個程収納可能なので割とストレスフリー。

フィリスのアトリエは少なかったからね!

フィリスのアトリエの不満点を概ね解消した調合システムでした。


 

5.まとめ

不思議シリーズの最終作として良くできていたと感じました。良作です。


ストーリー、キャラクター、グラフィック、ほのぼのとした雰囲気、調合システム、戦闘等、全て一定水準以上のクオリティがありました。

また、過去作ファンへ向けてのキャラクター毎のイベントも多数用意されており、見ていて楽しかったです。

リディ&スールのアトリエは、過去作をプレイした人には間違いなく買いです。

逆に、ソフィーのアトリエとフィリスのアトリエをプレイしていない場合は先にそちらからプレイした方が良いです。

初見がリディスーだとぶっちゃけ訳が分からないネタだらけでしょう。

本作の前作のオープンワールド形式が廃止され、ソフィー形式の選択式の移動になりましたので、かなり快適にマップを移動する事が出来ます。
ここら辺はとても良かった。

しかし、マップ移動後のダンジョン内は自分で走る必要があるので、何度も何度も行ったり来たりするのは若干面倒くさかったです。

細かい不満点はそれぐらいですね。

あとはスールのグラフィックが微妙だったぐらいですかね(2度目)

とまぁ全体的に良作であり、最後まで楽しくプレイする事が出来ました。

次はライザのアトリエプレイしてみようかなぁ...










       
スポンサーリンク

    コメントする

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット