みなさんこんにちは、ダメリーマンのアベです。

みなさんは伝説の激辛カップラーメンの【辛辛魚】というものをご存知でしょうか?

辛辛魚は毎年冬に期間限定で発売されているカップラーメンです。

とてもコアなファンに大人気を誇っている商品であり、場所によっては発売された数日には買い占められてなくなっていたりします。

今まで僕はこの辛辛魚というカップラーメンの名前自体は知っていたのですが、毎年その商品を拝むことが出来ませんでした。

2ch等では常に絶賛されており、とても気になっていたカップラーメンの1つでした。

しかし2021年の冬、ふとデイリーストアに寄ったときに辛辛魚が置いてありました!

見つけた瞬間即購入。ワクワクのまま帰宅しました。

今回はそんなコアなファンが店頭で買い占めてしまい、速攻で無くなってしまう伝説の辛辛魚を食べた感想を書いて行こうと思います。

余談ですが、この記事では辛辛魚の購入ページへの誘導等のアフィリエイトはありません。僕の素直な感想を書いていますのでよろしくお願いします。




IMG_20210128_191105



こちらがカップラーメン辛辛魚の御尊顔です。

寿がきやさんから発売されています。
定価は260円(税抜)で、カップラーメンとしてはかなり高めの料金設定です。

豚骨×魚介×激辛
というこの世すべての旨み要素を寄せ集めたようなキャッチコピーが印象的です。

激辛好きな僕としては本当にどストライクな味ですね、食べる前からヨダレが止まらなくなるレベルです。

さっそく開封してお湯をかけてみましょう。

IMG_20210128_191112


激辛魚粉粉末をかけるこの瞬間が1番ワクワクします。
思っていたより粉末の量が多くてビックリ。

IMG_20210128_191138

そしてマゼマゼして出来上がり。

写真じゃわかりにくいですが、ビックリするほどドロドロしてます笑

これ本当にカップラーメンか?と思うほどのドロドロスープに興奮を隠せないままスープを一口。

美味すぎわろた。

豚骨と魚粉の超濃厚スープは美味しいの一言。

その後に来る激辛もたまりません。

今まで僕は激辛カップラーメンと言えば蒙古タンメン中本が1番好きでしたが、それを上回る美味さです。

辛辛魚の方が濃厚さが圧倒的です。
ただ辛いだけでなく、スープそのものが美味しいです。

こんなに味と激辛を両立しているラーメンはそうないのではないでしょうか?

このクオリティのものが300円もしないなんて最強だなと思いました。

欲を言えばもう少し麺が太めでこしがあれば良かったなと感じましたが、カップラーメンの限界と言ったところか、コスト的な意味合いで難しいのでしょう。

イメージで言うととにかくスープの美味さに全ステータス振り切ったような感じですね。

最後に麺を食べきった後白米を突っ込むと死ぬほど美味しいです。

ぶっちゃけラーメンより美味いかもしれません笑

超濃厚激辛豚骨魚粉スープにガツンとマッチし、最強のハーモニーを奏でます。

炭水化物と塩分を過剰摂取する悪魔のような食べ物ですが、本当に食べ始めたら止まりません。

みなさんも辛辛魚を食べる時は白米の準備を忘れずにお願いします。

カップラーメンに白米を入れて食べようと思ったのは始めてです。それほどスープが濃厚だと言うことですね。

2021辛辛魚ですが、美味すぎてネットで箱買いしてしまいました。

間違いなく身体にはよくない商品だと思うので、少しずつ食べていこうと思います。

今まで絶賛してきましたが、辛辛魚に一つだけ個人的に残念な点がありました。それは

具材が刻みネギのみだということです。

激ウマ濃厚激ウマスープの反動でコストカットが原因なのか分かりませんが、辛辛魚の具は刻みネギのみです。

定価260円(税抜)のカップラーメンで具が刻みネギだけ!?嘘でしょ?

と思う方も多いと思います。実際に僕もそうでした。

スープは激ウマで文句の付け所はないですが、具材だけはちょっと寂しいかなと思います。

自分で色々アレンジしてみるのも良いかもしれませんね。
コンビニでチャーシューや卵を買ってきて入れたりするのも最高ですね。




辛辛魚カップラーメンは、激辛好きで豚骨魚粉好きの人には間違いなく匠の逸品だと断言できるクオリティでした。

買ってみて損はないです。
むしろ期間限定なので是非とも1杯は食べてほしいレベルです。


是非お試しあれ。



しかし、逆に言うと激辛嫌いで魚粉嫌いな人にはオススメできません。
食べきれない可能性が高いです。

僕の嫁は辛いの苦手なんですが、麺一本啜っただけでしばらく口がビリビリしていたようです笑
















       
スポンサーリンク

    コメントする

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット