みなさんこんにちは、ダメリーマンのア  ベです。


2020年の年末ですが、家に引きこもってNetflixを見ながらゆっくりしている日々を過ごしております。

そして僕が今回みたドラマがこちら

sweethome 俺と世界の絶望



です。


o1078098514869475257


ジャンルはサバイバルホラーものです。

あらすじを簡単に書くと、自殺を考えていた主人公が引っ越しした途端に人間が化け物に変わる事態が発生します。

世界的に大恐慌に陥り、そんな中でマンションの住人達と生き残りをかけて化け物達と戦ったり身を守ったりするドラマです。

自分自身が化け物に変わってしまう恐怖とも人間達は戦わなくてはいけないので、ホラーがメインというよりはホラー風なヒューマンドラマですね。


人間達の葛藤がメインの話でした。

このドラマの僕の全体的な評価を先に話すと

佳作

です。


佳作と言ってもダメ寄りの佳作ですね。

ではなぜそういった評価になったのかを説明していこうと思います。




512



このドラマ、人気漫画が原作ということもあり、お金をかけて作られているのがわかります。

映像的には綺麗です。たまに派手さもあります。


しかし、しかしですよ。

テンポが悪い上に何かチープです。


個人的にこのドラマの設定は大好きです。
終末の絶望的な世界で人間達が生き残りをかけて争ったり助け合ったりする。化け物との戦闘もあって緊張感もある。素材も完璧です。

でもいかんせん盛り上がらないというか、のめり込めないんです。


完全に化け物にならない特殊感染者の主人公が化け物の力を開放しながら戦ったりもしているんですが、これが何か微妙です。


人間達が力を合わせて化け物と戦う描写の方が好きな展開なんですが、主人公が化け物に変身しつつ化け物を倒したりします。


途中で思いました。

これホラーじゃなくね?と

SFバトルものになってしまっていました。

最初の頃にあった悲壮感とか緊張感が正直無くなってしまい、見てて退屈なものになりました。

日本刀を扱うアル中クリスチャンがいるんですが、僕はそのキャラが1番好きでした。

必死に人間の力で化け物に抵抗する姿が好きなんですが、惜しくも命を落としてしまいました。

演出の関係だとは思うんですが、戦闘描写も何か変な間があったりモッサモッサしてます。

先程言ったテンポや間の悪さに繋がっており見てて違和感がありました。


このドラマ僕は吹き替えで見たんですが、

417

このガキ2人の弟側の吹き替えがめちゃくちゃウザい演技で正直登場する度にイライラしました。

声も演技もウザすぎてこれだけでもう切ってしまおうかと本気で悩んだレベルでした。


気になる人は吹替版の視聴がオススメできませんので字幕版で視聴することを推奨します。

こんな事気になったのもしかしたら僕だけかもしれませんが笑


このドラマの良いところは登場キャラクターが魅力的だということですかね、美男美女達がメインキャラでとても華があります。


1283619181557349925360226906839631013



このように女性キャラもめちゃくちゃ美人です。

男性キャラもイケメンなので見てて楽しいねすね。

人間ドラマだけで見ると割と良くできているかなぁと思いました。


シーズン1の感想なのでこれからもっと面白くなるかもしれません。化ける可能性もあるので続きが出たら視聴するつもりです。


ウォーキング・デッドのシーズン1みたいな超絶怒涛のクオリティやテンポの良さ、悲壮感はありませんが最後までは見れる作品でした。今後に期待。





















       
スポンサーリンク

    コメントする

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット