みなさんこんにちは、新型コロナで自粛中のダメリーマンアベです。


在宅で暇なので、今日もネットフリックスで映画を見てました。


本日見た映画はこちら

images (9)



韓国の映画で、

新感染ファイナルエクスプレス


という映画です。


タイトルだけ見ると若干ふざけた感じのタイトルですが、内容は感染パニックものです。

いわゆるゾンビものです。


韓国で記録的な大ヒットを記録したということで大いに期待をして見ました。


以下よりネタバレありの感想を書いていくので、まだ見ていない方はブラウザバック推奨。




まずこの新感染ですが、感染者の挙動が素晴らしかったです。


関節が本当にひん曲がってゾンビっぽかったです。


動きも超アクロバットで、今までのゾンビとは一味違います。


シュールに見えるシーンも多々ありますがそこはご愛嬌と言ったところか笑


全体的にゾンビのクオリティは高かったです。


グロシーンは洋画に比べるとかなり控えめなので、グロ嫌いな人でも見やすいと思います。うわっとなるシーンはほぼ皆無でした。



ストーリーの良かった点はというと、主人公の成長ぶりが良かったです。


最初は自分のことしか考えてなかったんですが、娘に指摘されて人のこともきちんと考えて行動するようになりました。イケメンやね。



ゾンビの恐怖ももちろんありましたが、1番怖いのは人間でした。


自分達は助かりたいと言う一心で、人間達はものすごい足の引張りあいをしてましたね。


独善的なスーツのおっさんがいるんですが(ラスボス)、そのおっさんが初期の主人公の対比のようで演習面も○。



青いジャケット着たガタイの良い夫婦のおっさんも最初は嫌なヤツだなぁと思っていたけど、めっちゃいいキャラでした。(中の人の小山力也さんほんまかっけぇ)


この作品の見どころは人間ドラマにあると思いました。



親子、夫婦、恋人、友達、クズキャラと様々な登場人物が物語を彩っていて見ていて楽しかった。



特に主人公と娘の親子愛は最高でした。



総じてパニックものとしても、人間ドラマものとしても満足な出来でした。とても面白かったです。


日本のパニック映画やゾンビ映画もたまーにあるんですが、カスみたいなものしかないので国さんでも良質なゾンビ映画見てみたいなぁと思ったり。



韓国の映画は初めてみたのですがクオリティの高さに脱帽しました。


余談ですが、途中で青のジャケットのおっさんが駅で剣と盾みたいなのを唐突に拾ってきたシーンで笑いました。


一体なんの用途であんなところに置いてあったんだ笑












       
スポンサーリンク

    コメントする

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット