ダメリーマンのだらり旅

しがない都内勤務ダメリーマンが日常や色々語るブログです。 日常、バイク、ゲームやアニメ、気になるニュースなどなど色々記事にしてます。 オタクでお酒大好きで、仕事ができない男です。 Twitterアカウントは @zeroren00 です。 良ければフォローお願いします!

  • プライバシーポリシー
    • しがない都内勤務20代リーマンが日常や色々語るブログです。元ニートでオタク
      日常、ゲーム、バイク、旅、キャンプ、ブログ運営面、リーマンの愚痴などなど色々発信します。
      Twitterアカウントは @zeroren00 です。
      良ければフォローお願いします!




      皆さんこんにちは、27歳ダメリーマンのアベです。


      今回は、昨今問題視されてメディアによく取り上げられている中高年の引きこもりについて話していきたいと思います。



      別に時事問題を偉そうに切りたいとかそういう意図では全くなく、単純に


      他人事じゃなくね?


      と思ったからです。



      そこの所を詳しく書いていこうと思います。



      images (29)





      内閣府が発表した数字だと、40歳〜64歳の引きこもりの人数は全国でなんと


      61万3000人


      いるみたいです。



      この数字ってビックリする程多いと思います。


      40歳以上の人で引きこもりはあまりいないと勝手に思ってましたが、まさかこんなに多いとは...


      若者である15歳〜39歳の引きこもりの人数は



      54万1000人


      となってます。同じく内閣府の発表です。



      中高年の引きこもりって、若者の引きこもりより多いんです。 



      これには驚きました。


      日本大丈夫なのかほんと...


      とリアルに心配になる程の衝撃です。




      昨今、8050問題が深刻化しています。


      80代の親と50代の子の同居率が異常に上がっているみたいです。



      50代の子供が引きこもりとなり、親子心中という悲しい出来事も後をたちません。



      親の年金だけでは子供を養うことは不可能に近いです。
      共倒れという悲しい現実が頻発してます。




      images (30)



      次に、引きこもってしまった理由について見ていきましょう。


      職場に馴染めなかった

      不登校(イジメ)

      就職活動が上手くいかなかった


      人間関係が上手くいかなかった



      これらが主な原因となり、中高年の引きこもりを増加させているようです。



      就職、仕事、学校での躓きが主な原因となっております。






      images (31)




      ここでようやく本題になります。



      これらの理由から引きこもりになる人が増加しております。


      でもこれらの理由って

      全く他人事に思えない


      んです。


      過去記事で、僕が仕事が出来なすぎて職場の権力者から、パワハラモラハラアルハラを受けてて精神的にボロボロな事を幾度となく書いています。



      そう、僕自身が


      引きこもり予備軍

      なのです。


      この事実に客観的に気付いたとき、落ち込みました。


      僕も将来そうなるんじゃないかという不安に襲われました。


      人が引きこもりになってしまうのは、メンタル面からくるものなので、僕だけでなく誰だってきっかけがあれば引きこもりになってしまうのです。




      引きこもりは他人事と思うのではなく、自分でもありえる未来なんだということを噛み締めながら踏ん張って生きていこうと思います。



      引きこもりの人は社会復帰がものすごく大変だと思います。



      明日は我が身という考えを持って他人事と思わずに中高年の引きこもり問題を今後も注視していこうと思います。



      それでは、また。












       



      にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマン
      にほんブログ村
      ランキングに登録しております、ポチってくれたら励みになります。


      皆さんこんにちは、休みの日は何もする気が起きなくて人に合うのも億劫なアベです。



      趣味って色々あるじゃないですか、車だったりバイクだったり、料理だったり、パチンコだったり旅行だったり。




      総じてアウトドア系の趣味ってお金かかります。


      車の車体代はもちろんのこと、維持費がバカになりません。



      それ+で旅行代なんてかかってきたらもう大変で、中々の出費になります。



      僕の場合は中型バイクを所持していて、旅をする時はその辺でキャンプしたり、ビジネスホテルに泊まったりしてます。




      ソロキャンプの時はコストはあまりかからないのですが、ホテルに泊まったときは一回で数万円の旅費がかかります。



      旅行ってホントお金かかりますよね...

      高速代だけでも何とかならないだろうか。



      話がそれてしまいましたが、今回は僕の趣味の一つであるゲームのコスパの良さについて話していこうと思います。




      ゲームといっても、スマホゲーではありません。

      スマホゲーは無料で楽しんでる人はいいですが、課金しだすともう大変なので今回は除外します。



      今回話すのは家庭用ゲームです。



      images






      家庭用ゲームというと、現行機ではSwitchやPS4があります。


      ちょっと古いゲーム機だと、PS3やPS2、wii等もあります。



      大体1つのゲームソフトで、20〜40時間前後遊ぶことができます。



      大作RPGだとクリアまで60時間以上平気でかかるのもあります。



      1つの作品にハマってずっとやり込み続けることもあるでしょう。



      そしてゲームソフトは中古で買えば安く買えます。


      大体1年落ちで2000〜4000円ぐらいになってます。(Switchの名作除く)



      なので、たったの数千円で数十時間プレイできるわけです。



      例えば、ゲームソフトを3000円で購入して30時間プレイしたとします。


      単純計算で1時間100円で楽しめた事になります。



      1時間を100円で楽しめるのって中々コスパ良好だと思います。



      カラオケとかでも時間にもよりますが、1時間歌えば1000円前後取られますからね。



      しかもゲームの何が素晴らしいかって、色んな世界観で色んなキャラクターを操作して色んな旅が出来ることです。



      昨今の美麗なグラフィックでゲームをすると、リアルすぎて本当に実写かと思うほどです。



      VR技術が発達すれば家にいながら本当に旅をする感覚になれるかもしれません。



      ゲームの開発費は一本で数億円かかるらしいです。


      大作ゲームとなると、一本で数百億円というものもあります。



      勿論ここには人件費や広告費も含まれていますが、こんなお金がかかったものを消費者の私達は数千円でプレイすることができるんです。



      こう考えるとものすごいお得感でませんか?



      とてつもない人数でとてつもない労力とお金がかかった作品を数千円でプレイすることができる。



      この考えを持つと何かゲームに対して特別感出るのでオススメします笑

       


      最近はスマホゲーの台頭により家庭用のゲームの開発がめっきり少なくなってしまってます。



      少しでも家庭用プレイヤーが増えればいいなと思いを込めてこの記事を書きました。


      SwitchでもPS4でも名作が多いので、是非とも皆さんプレイしてみてください。



      それでは、また。



      にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマン
      にほんブログ村
      ランキングに登録しております、ポチってくれたら励みになります。




      皆さんこんにちは、ダメリーマンのアベです。



      完全に今回の記事は愚痴鬱記事になりますので、嫌いな人はブラウザバック願います。



      パワハラモラハラを僕にし続けている権力者がいるんですが(詳しくは下記の過去記事にてどうぞ)、そのパワハラ権力者から酔っ払った時に電話がかかってくるようになりました。



      過去記事



      電話がかかってくるのは、休みの日でも深夜でもお構いなしです。



      信じられますか?


      今日は、0:30頃に電話がかかってきました。



      翌日仕事にも関わらずです。


      いえ、翌日仕事でなくても常識的に考えてありえませんよね?



      付き合っているカップルでも中々ないと思います。


      いつも僕に常識がない、ゴミだクズだと言いながら自分は酔っ払った時深夜に電話するんです。



      非常識なのは自分なのだと本当に自覚してほしいです。


      酔っ払ってる時は本能が剥き出しなので、本能的に僕に電話してるみたいなんですが、僕は恋人でもないし、サンドバッグでもありません。



      シラフのときに、酔っ払ってたらしょうがない的な事をいつも言っていますが、そんなの何の言い訳にもなりません。




      むしろ自覚があるなら酒を飲まないでいただきたい。



      もういい歳なんですから本当に落ち着いて欲しいところです。



      休みの日や平日の深夜に電話が掛かってくるようになり、僕の唯一の安息の場である自宅にいても最近動悸がするようになってきました。



      何で自宅にいても追い詰められなくちゃいけないのでしょうか。



      僕は何も悪いことしてないのに、あまりにも酷い状況になってしまっています。



      しかも、電話に出ると必ずガチ説教されたり脅されたりします。



      信じられますか?


      何もしてないのに周りからちょっと聞いた話で電話してきて、そこから説教開始されるんです。



      挙げ句の果には、最後に


      2度と顔見せるんじゃねえぞ


      とまで吐き捨てられる始末。



      自分でもよくまだ病気休暇取らずに会社行ってるなと思いますよ...


      自分を褒めてあげたいぐらいです。



      皆さんも酔っ払ったからって後輩に電話したりするのはやめてくださいね。



      された方は気が気じゃありません。



      最近は無視するようにしてますが、掛かってくるだけで動悸がするようになってしまいました。



      余談ですが、酔っ払った時に恋人に電話するのも辞めましょう。



      いかに恋人といえど、一般的にメチャクチャ嫌われる行為ですので、絶対にやめましょう。



      それでは皆様、良い社会人ライフを。



      皆さんこんにちは、小学生の頃にゲームボーイでゲームの虜になったアベです。



      僕は小学校の低学年頃、ゲームボーイを買ってもらいました。



      当時、狂ったようにゲームボーイのソフトをプレイしました。


      初めてやったゲームはゲームボーイの【GB原人ランド ビバ!ちっくん王国】 というゲームです。



      確かあのゲーム、ミニゲームが複数個あるだけのゲームでした。
      今ではオンラインストアで500円ぐらいで売ってそうな感じの内容だったと思います笑



      クリアするだけなら数時間もあれば終わった気がします。



      しかし小学生の僕は狂ったようにプレイしました。


      ゲームソフトがそれしかないからです。



      小学生には無限の時間があり、お金が無いです。


      必然的に数少ないゲームをやり続けることになります。


      ゲームってどんなにクソゲーでも、やり続けていると自分なりの楽しみ方や魅力が見えてくるんです。



      なので当時の僕は自分なりにそのゲームの魅力を見つけ、ずーっとプレイしてました。


      GB原人ランドがクソゲーってわけではないですけどね笑



      ゲームボーイソフトだとポケモン赤緑や、ドラクエモンスターズテリーのワンダーランド等、今でも色褪せない名作が沢山あります。


      2019年現在でもプレイ動画が上がっていたり根強いファンがいます。



      ゲームボーイのソフトってすぐにセーブデータが消滅するじゃないですか。



      それでも不死鳥のようにNEW GAMEを繰り返すんです。


      当時はそれくらいの熱気と勢いがありました。




      さて、自分語りはこれくらいにして、僕が何を言いたかったかと言うと、昔プレイしてたゲームって思いで補正でメチャクチャ楽しく感じるよねってことです。

       
       

      昔プレイしてたゲームを動画で見返したりすると、すごく懐かしく楽しい気持ちになります。



      そして自分の中で大好きな作品が記憶に構築されていくわけです。



      そして10数年の時を経て、昨今昔のゲームのリメイクがとても盛んになってきました。



      このリメイク、懐古厨にはとても嬉しいもので、当時の思いでが新たな映像美と共に美しく蘇るわけで、テンションが上がらないわけがありません。



      もはや大興奮、生きる希望と言ってもいいでしょう。



      各企業様が昔のゲームをリメイクしてくれるのはとても嬉しいです。


      ありがとうございます。



      しかし、スマホゲーで新作発表された時のガッカリ感は異常です。



      例えば何ですが、僕はヴァルキリープロファイルというRPGが大好きです。



      数年前、ヴァルキリープロファイルの新作が出ると発表された時メチャクチャテンション上がりました。



      結果はお察しの通り、スマホゲーでした。



      いえね、スマホゲー自体を否定するわけじゃないんです。



      ただ、家庭用ゲームで出ていた作品がスマホゲーに出ると、スタミナとかガチャとか課金システムが所かしこにありますよね。



      家庭用ではもちろんそんなシステムありません。



      そのものだけでゲームが完成されていて、世界が完璧に構築されていました。



      そこには何周しても色褪せないそこだけの世界最大ありました。



      僕もヴァルキリープロファイルのスマホゲー新作である、ヴァルキリーアムネシアをやってみたんです。



      戦闘システムとか、その辺は再現されてるんです。


      ただもうシステム面、UIでスタミナが見えたり、課金が見えたりします。



      この萎え方、半端じゃないです。


      分かる人には分かると思います。


      ガチャを回したいんじゃなくて、当時のゲームのありのままの新作をプレイしたいんです。


      その画面を見るだけで世界観ぶち壊しで萎えてしまうんですよね。



      元々スマホゲーでリリースされたゲームは全く気にならないのですが、大好きなゲームがスマホゲーに来ると我慢出来なくなっちゃうんです。



      開発のリソースも完全にそっちに取られていて、もう新作は家庭用で出ないんだなぁとかそっちの意味でも絶望します。



      最近、【うたわれるもの】の新作も発表されました。


      このうたわれるものですが、PC版の頃から全シリーズプレイする程のファンです。


      PS4で新作が数年前に発売されましたが、その時に


      【ゲームをスマホからとりもどす】


      という大々的な広告がうたれていました。

      images (26)

      こんな感じです。

      画像は適当にネットから拾ってきました。



      そして昨日、うたわれるものの新作が発表されました。


      うたわれるものロストフラグというらしいです。


      うたわれるものシリーズは全て名作(斬以外)なので、テンション上がりまくりでサイトを見ました。



      察しのいい方ならお気づきでしょう。


      なんと、スマホゲーでした。



      課金画面もきっちり確認できました。


      無事死亡。



      嬉しい人も多数いるかと思います。


      新作が出てくれるだけでもありがたい!
      と思っている人たちも沢山いると思います。



      でも、違うんだよなぁ...


      僕はプレイする気になれません。



      システムや世界観が似ていても、全くの別ゲーなのですから。




      アクアプラスにはブレてほしくなかったのですが、民間企業なので利益を求めることは当然なので何も言えないです。



      スマホゲーはコストの割に当たればボロ儲けできますからね。



      家庭用ゲームとはリスクもリターンも段違いと言えるでしょう。



      ただ、メーカーには純粋な続編、リメイクを待ち望んでいるファンもいることを分かっていただければ嬉しいと思いこの記事を書きました。



      これでは愚痴だけで終わってしまうので、最近フルリメイクで発売された名作も紹介します。




      その名は


      バイオハザードRE2

      です。




      懐古厨である僕でも納得の渾身のリメイクでした。


      当時の難易度を再現し、ゾンビの硬さも懐かしくメチャクチャしぶとかったです。


      昔の雰囲気を壊さず、今風にアレンジしていました。


      恐怖演出も抜群で、当時の気持ちを思い返すことができました。


      童心に戻り夢中でプレイすることができ、とても素晴らしいリメイク作品でした。



      中にはこういう形で家庭用でも昔の作品が神ゲーとして蘇ってきたりもするので、文句ばかり言ってもいられません。



      カプコン様ほんとありがとう。



      各メーカー様にはスマホゲーだけでなく、家庭用をたまには出してくれると嬉しいです。



      それでは皆様、良いゲームライフを

      にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマン
      にほんブログ村
      ランキングに登録しております、ポチってくれたら励みになります。




      皆さんこんにちは、ダメリーマンだけどバイクで旅をする事が大好きなアベです。



      バイクで旅する時ってガソリン代を計算に入れますよね。



      バイクでもガソリン消費の燃費の良さの違いって結構あります。



      趣味であるバイクで燃費を気にする人は少数派かもしれませんが、僕みたいな貧乏人には気になってくる所です。


      今回は、僕の持っている


      20年以上前の原付50CCバイクのYAMAHA製アプリオと


      70dcac76





      2018年に新車で買ったYAMAHA製R25の燃費の違いについて書いていこうと思います。


      IMG_20190420_125747





      当たり前ですが、年式がかなり違うのでそこらへんを念頭に置いて読んでください。






      まず、僕の愛車、YAMAHA製50CCのアプリオ君の1リッターあたりの燃費は

      約20km

      です。


      今まであんまり意識せずに乗ってたんですけど、計測を始めてから20kmしか走らないのか...
      と軽く落ち込みました。


      よく考えればかなり古い型の2ストなので、燃費が悪いのは当然かなとは思いますが。


      その代わりに現行の4スト50CCにはないパワフルな走りができます。



      馬力と引き換えに燃費が犠牲になってる感じですね。あと地味に環境にも悪いという...笑


      125CCに乗り換えようか最近真剣に検討してます。


      昨今のコンパクトカーもさほど変わらない実燃費となっているので、そう考えるとかなりガソリンを馬鹿食いしているのが分かりますね。




      お次は僕の愛車2号である、YAMAHA製250CCである、R25です。


      こちらの実燃費はガソリン1リッターに対して


      約30km


      程走行できます。


      アプリオ君との燃費の違いに驚きました。


      当たり前ですが車体の重さも、加速も断然R25の方が上です。



      技術力の進歩が分かりますね、ほんとすごい。


      それじゃあ原付乗る必要ないじゃんと思う人もいるかもしれませんが、原付には中型にはない圧倒的な利便性があります。



      街ノリ最強なんですよね、取り回しの良さも相まって。



      そして乗っててとても楽しいです。


      過去記事にて原付の魅力を書いてますのでこちらもご覧ください。





      時代の進歩に伴う技術力の発展ってほんとすごいなぁと思い、燃費の違いを記事にしました。


      現行の原付は、4ストなので40km/lぐらいの燃費らしいです。



      それでは皆さん、良いバイクライフを。

      にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマン
      にほんブログ村
      ランキングに登録しております、ポチってくれたら励みになります。



      皆さんこんにちは、ダメリーマンのアベです、



      ダメリーマンが愚痴を書くことをメインに始めたこのダメブログですが、何とブログ開設から3ヶ月が経過しました。



      月日が経つのは早いものです。


      初心者がブログを始めると、3ヶ月以内に約30%が辞めるみたいです。



      どうやら僕は30%には入らなかったみたいです。



      30%の人が3ヶ月以内にブログを辞める理由ですが、ほぼ間違いなくアクセスがないからだと思います。



      GoogleやTwitterを見てみると、1ヶ月で10万PV達成!

      とか


      1ヶ月で10万円の収益発生!


      とかいう記事や書き込みを見て、自分って才能ないんだなと心が折れてく人が多いのかもしれません。



      当然っちゃ当然ですよね、僕たちみたいな何も後ろ盾がない凡人がブログを始めた所で誰も興味なんてないです。



      能動的に見に来る人がいるわけがありません。



      有名人なら何もしなくてもブログに人は来ますが、凡人のブログには来ません。


      誰も凡人の事には興味がないので。




      なので初心者ブロガーは理想と現実のギャップに打ちひしがれて、心が折れてブログ運営を辞めていくのだと思います。



      何を目的にブログを始めたかにもよると思いますが、大体収益目当てで始める人は挫折率が高いかもしれませんね。



      凡人がブログ運営したところで、安定した収益が出るまではあまりにも長い時間が必要となります。



      気楽に構えずにまったり運営するのが長く続ける秘訣かもしれませんね。



      すぐに結果を求める人は間違いなく向いてないと思います。



      ここまでダラダラ書きましたが、僕が何を伝えたいかと言うと、僕のこのダメブログを見て安心してくださいということです。




      3ヶ月経過したこの弱小ブログのアクセス数は


      Twitterで宣伝しない限り、


      1日で10PV以下です。



      これが何のコネも後ろ盾もない凡人がブログを運営している現実です。



      ただダラダラと記事を書いているだけだと、こんなもんなんです。



      なので、全然アクセス数集まらないよと思う人がいても安心してください、ここに仲間がいます。



      マッタリ続けていきましょう。


      いつか見てくれる人が増えると嬉しいですね。



      刹那的にアクセス数を稼ぎたいのであれば、Twitterがオススメです。

      #
      によるタグ


      を乱立すれば誰かしら見てくれるので、本当に誰も来なくて心が折れそうな時はやってみることをオススメします。


      Twitterだけの流入だと、拡散されれば1日に300PVぐらいいくこともあります。


      ただし、あくまでも一時的な流入であり、あまり意味はありません。



      Google等の検索エンジンで流入してくる人が増えない限りは、安定したアクセス数はまず見込めないでしょう。



      それにはとにかくブログを続けて、コンテンツを充実させていくしかないと思います。



      凡人は急がず焦らずマッタリと無理せず続けましょう。


      ブログって書くだけでも楽しいです。


      数人見てくれてるだけでも嬉しくなります。


      何にも生まない生活より、文字として何かを残す楽しさがある生活の方が僕は好きです。




      これからも人が来なくてもまったりと続けていこうと思います。


      それでは皆様、良いブログライフを。



      にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマン
      にほんブログ村


      皆さんこんにちは、最近パワハラアルハラで精神的に折れかけているダメリーマンのアベです。



      突然ですが、皆さんは

      病気休暇

      休職

      という言葉をご存知でしょうか?


      普段普通に働いている人には馴染みのない言葉だと思います。


      今回はそんな病気休暇、休職について僕の会社をベースにして調べてみましたので記事にしていきます。


      尚、注意点として、病気休暇や休職制度は会社により全く異なりますのでご注意ください。







      ・病気休暇とは?


      病気休暇(びょうききゅうか、英:sick leave)とは、労働者が業務外の健康上の理由で仕事を休む場合、賃金や仕事を失うことなく申請できる休暇である。

      (wikipediaより引用)



      要は病気の間、お金を貰いながら長期休暇できますよという制度です。


      これには、身体的な病気はもちろん、精神的に病気も含まれます。


      鬱病等も適応されます。


      医師による診断書は勿論必要です。




      この病気休暇ですが、連続して90日を超えることはできません。



      僕の会社の場合、90日間病気休暇を取ることができ、満額の給料を貰うことができます。


      この病気休暇中に貰える給料も会社によって全く違うので、自分が所属している会社の就業規則をお調べください。





      ・休職とは?


      休職(きゅうしょく)とは雇用されたまま長期間の労働義務が免除され、かつ雇用契約はそのまま持続すること。

      何らかの理由により就業が不可能になったときに、就業規則などの定めにより適用される。

      休職期間中は、労働基準法(昭和22年法律第49号)等に基づき、使用者の責に帰すべき事由により休業した場合に労働者休業手当が支払われる。


      (wikipedia引用)


      お次に休職の説明になります。


      僕の会社では、病気休暇の90日間を超えたあとに適応されます。


      病気休暇がなく、そのまま休職になる会社も多いようです。


      休職の場合、民間企業だと無給の場合が多いようです。


      無給の場合は、加入している健康保険から、【傷病手当金】を申請すれば、役3分の2の給料を貰うことができます。



      僕の会社の場合は、休職から1年間は会社から8割の給料が支給されます。


      それ以降は無給となります。


      無給の間は上記の傷病手当金を申請することにより、1年半程給料の3分の2程度支給されます。


      最大で3年間程の休職が可能です。





      皆さんいかがでしたでしょうか?



      病気休暇や休職ですが、僕の会社では給料が出るので悪用している人が沢山いるのが現状となっております。

       


      本当に病を患ってる人と、職場で頑張って働いている人たちの迷惑になりますのでやめていただきたい所ですが、診断書を持ってこられると会社側は何も言えないみたいです。



      この先、僕はこのペースでパワハラアルハラを受けていると、もしかしたら精神をやられてしまうかもしれないので、先に病気休暇や休職について調べておきました。



      僕が休職している間にパワハラ権力者が異動するのを願うしかない状況になるかもしれません。



      できるだけ病気休暇や休職はしたくないですが、精神を完全に壊してしまうよりはマシだと思っています。



      もう無理だと思ったとき、心が完全に壊れる前に心療内科を受診しようと思います。



      皆さんも、もうこれ以上は無理だと思ったら会社にある制度を調べてみてはいかがでしょうか?



      これらは決して逃げなどではなく、自分を守るために必要な行為だと思います。



      それでは、また。

      にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマン
      にほんブログ村
      ランキングに登録しております、ポチってくれたら励みになります。


      皆さんこんにちは、パワハラされまくりのダメリーマンのアベです。


      今回は、お酒についてのテーマになります。


      社会人になり働き始めると、お酒とは切っても切れない関係になります。



      友達や同期や後輩とも飲みに行きますし、会社の先輩や上司とも飲みに行く機会が多々あります。


      なので飲み会って色んな性格の人がいるんですよね。


      友達等は選べますが、先輩や上司は選べません。



      そして色んな性格の人がいると同様に、色んな酒グセの人がいます。


      笑い上戸や泣き上戸、ひたすら陽気になる人もいます。


      これらは全然可愛い方です。



      暴力的になったり、怒鳴ったり、説教始めたりする人が最悪です。



      せっかくの飲みの席なのに、出されたもの全てが不味くなります。


      1秒でも早く帰りたくなります。



      社会人あるあるだと思うんですが、飲み会で殴られたり怒鳴られたり説教されたりって色んな人が経験してると思います。



      これらの行為ってやってる人は楽しくて気持ちいいんでしょうけど、やられてる方は最低の気持ちになります。


      やった方はすぐに忘れてるでしょうけど、やられた方はずっと忘れることなく根に持ってます。



      さらにたちが悪いのが、大抵酔ってこういうパワハラアルハラする人って翌日記憶がない人が多いです。




      酒グセが悪い人に是非ともお酒を飲む量を減らして欲しいので、僕の実体験を書いていこうと思います。



      飲み会で酒グセが驚くほど悪い先輩がいるんですが、大抵飲み会の時は僕がターゲットにされます。



      おそらく普段溜めている感情、本性が剥き出しになって僕への攻撃性に変わってるんだと思います。



      そうなったらもう大変で、お前はクズだ、ゴミだ、ダセェんだよお前は、とかつまらねぇんだよと延々と言われ続け殴られ続けます。



      仕事出来なくて恥ずかしくないの?も言われながら殴られます。



      身体ならまだいいんですけど顔面殴ってくるんですよね。


      しかも髪の毛引っ張られたり服引っ張られたりでもう最悪です。


      4次会までそれ続きますからね。


      もうこれパワハラとかの領域ではなく、警察沙汰なんですよ、ぶっちゃけ。



      でも揉めるのが嫌で僕は何も言えないでいます。それがさらに相手を助長させるのは分かっているのですが、職場の権力者には敵いません。


      そう、さらに最悪なのがその酒グセが悪い人っていうのが職場の権力者なんです。



      辛すぎますよね。



      仕事が出来なくても、僕には家族も居ますし婚約者もいます。


      あなたの玩具じゃないんです。


      一人の人間として後輩を見れない人間こそクズだと思います。



      さらにそれだけではなく、その権力者はお酒により本性が剥き出しになり暴力性が増し、理性が崩壊している状態です。


      路上に出るともう大変で、その辺に停めてあるロードバイクに向かって小便したりします。


      エレベーターの中でもカラオケボックスの中でもところ構わず立ち小便します。



      ありえないですよね?


      人として本当にありえないと思います。



      とまあこれらが僕の体験談になります。



      酒グセが悪いと言われてる人、自覚している人に僕から伝えたい事は、お酒をできるだけ飲まないでください。



      飲んでも少量にして、理性が吹っ飛ぶぐらい飲むのは絶対にやめてください。


      誰も幸せにならないんです。



      飲み会に同席している後輩達はあなたの玩具じゃありません、一人の人間です。


      一人の人間として尊重してあげてください。



      僕が普段現実の場では言えない事をこの場を借りて言わせて貰いました。



      それでは、また。



      にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマン
      にほんブログ村
      ランキングに登録しております、ポチってくれたら励みになります。



      皆さんこんにちは、ダメリーマン代表のアベです。


      昨日なんですが、会社の飲み会がありまして、以前から書いていた、僕のことを無視している権力者の先輩と同じ席になりました。



      この記事のタイトルから察せられる通り、その飲み会で顔面をボコボコに殴られたり、髪を引っ張られ続けたり、人格否定されたり、死ねと何回も罵声を浴びせられました。



      このブログはもともと僕が仕事の愚痴を書きたいという理由で始めた非常に後ろ向きなブログなんですが、今回はその真価を発揮できそうです。



      今回は愚痴成分が非常に多めなのでご了承ください。



      いつか何かの証拠になるかもしれないので、詳細に書いていきます。



      まず飲み会が始まると、


      「お前はダメだ、クズ、本当にいらない」


      等と軽いジャブ攻撃から始まりました。



      それぐらいなら普段から言われているので特に意識せずに聞き流していたのですが、次の瞬間暴力が始まりました。



      髪を引っ張られ、顔面にビンタを複数回され、罵声を浴びせられました。



      これ、2次会での出来事です。



      ちなみに帰れる雰囲気ではなく、引きずられながら4次会まで行きました。



      会が進むにつれて暴力と罵声はエスカレートを続けます。



      その権力者は酒が入るとわけがわからなくなってしまう人間で、完全本能のみの理性のない人間に変わります。



      なので普段は理性で我慢して言わなかったり、手を出さなかったりしているのがお酒の力で剥き出しになります。


       
      4次会終了後、僕が言ってもいない事をさも発言したことにされていて、それをネタに人格否定され続け、路上で殴られ、蹴られ、怒鳴られました。



      最後には何でてめえついてくるんだよ、帰れ!いらねえんだよ 


      と言われ、雨の中終電もないのに帰ることに。



      そこで僕はもう我慢の限界で帰りました。



      そこで一緒にいた先輩が追いかけてきて優しい言葉をかけられました。


      そこで我慢していたものが吹き出してしまい、泣いてしまいました。



      人前で泣くなんて小学生以来だと思います。



      本当に辛かったです。


      僕は仕事が出来ないという理由でここまでボロクソに言われてるんですが、ぶっちゃけ僕より仕事が出来ない人間は沢山います。


      なのになぜ僕だけここまでされるのかは、とある大先輩に好かれているからなんです。


      権力者はそのとある大先輩に心酔しています。



      とある大先輩に好かれている僕が仕事が出来ないのが許せないそうです。



      言いたいことはわかりますが本当にこっちからすればいい迷惑です。


      僕は出来ないなりに一生懸命仕事をやってますし、こんなにボロクソにされる謂れはありません。



      本当に会社に行くのが怖いです。


      これ書いてて思ったんですけど、パワハラとかいう次元を軽く超えて警察沙汰ですよね。




      僕が上の立場になったら絶対にパワハラをやらないようにします。


       
      もし上の立場の人がこの記事を読んでいるのであれば、パワハラは絶対にしないでほしいです。やられている方はメチャクチャ辛く悲しい思いをしています。



      それでは皆様、良い社会人ライフを。





      にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマン
      にほんブログ村
      ランキングに登録しております、ポチってくれたら励みになります。



      皆さんこんにちは、ダメリーマンライダーのアベです。



      以前、ナイトツーリングの魅力という記事を書いたんですが、今回は遠出をせず時間をかけずに、近場でフラッと楽しめる僕なりのナイトツーリングのやり方を紹介します。



      近場にフラッとなんてツーリングじゃないじゃんと思う方も多くいらっしゃると思いますが、時間がないサラリーマンにはまとまった時間を取ることが難しい人が多数いると思います。


       
      なので今回は、ナイトツーリングのドライブ自体の魅力より、僕なりのナイトツーリングの楽しみ方の紹介をしていこうと思います。




      普段忙しくてまとまった時間が取れない人達にもオススメのフラッと近場旅になりますので、是非とも読んでいってください。


      ①深夜は日常の光景が非日常に変わる


      何言ってんだこいつと思う人もいるかと思いますが、深夜の町並みって全く違う顔を見せるんです。


      普段通いなれた道、見慣れた建物でも、人通りが全くなくなりひっそりとした空間になっていたり、ライトアップされていたりします。


      いつも賑やかな通いなれた道路を深夜に走ることにより、なんとも言えない非日常に飛び込んだ気分に浸ることができます。

       
      ナイトツーリングの魅力って非日常に浸ることにあると思います。


      ②どこでも浸れる


      愛車のバイクを明かりのあるところに停め、缶コーヒー片手に普段見慣れている筈の光景を見ながらアンニュイな気分に浸るも良し、


      誰もいない闇の中で静かにもの思いにふけるもよし。



      自分だけの空間で自分だけの世界に浸り続けることができます。


      僕的には近場の港にバイクを停め、遠い町並みの明かりと海を見ながら深夜に缶コーヒーを飲み、夜景をぼんやりと楽しむ行為が大好きです。



      書いててものすごいナルシスト感だなと思ってしまいましたが、誰もいない非日常の空間を独り占めして自分の世界に浸ることは本当にオススメなので、是非とも試してみてください。


      ちなみにですが、深夜の公園もオススメのスポットです。


      誰もいない深夜の公園で静かに時を過ごすだけでも心が落ち着きます。


      ただし公園の場合はエンジンを必ず切ってくださいね、通報されるので笑





      ③新たな発見がある


      普段、昼間近所を走っていると自分が興味のある店って目に入って、良し入ろう!って思いますよね?


      深夜近場を愛車と走っていて気がついたんですが、大抵自分が普段立ち寄っている店って深夜は閉まっています。



      当然ですよね、深夜営業している店って少ないので。



      なので深夜に近場を走っていると、普段全く意識しない筈の深夜に営業中の店が目に止まります。



      何か深夜に営業してるってだけで珍しいのでとても気になってくるんですよね、その店が。



      そこでフラリと立ち寄ってみると、良質な店だったり、想像していたのと違う店だったりと新たな発見が沢山あります。



      僕の場合ですが、深夜にフラリと走っていたら、怪しげな本屋がありまして、入ってみたところとても安く漫画本が売っていました。


      5冊で300円という価格で、とても安かったです。


      それから昼間でもその本屋にフラリと立ち寄ることが増えました。


      たまに思わぬ掘り出し物があったりもします。



      昼間走行しているだけでは絶対に寄らなかった場所なので、いい場所見つけられたなと嬉しくなりました。




      深夜のツーリングでは、普段無意識だと視界に入ってこないものが視界に入るようになります。


      また、普段昼間では見ていたものが見えなくなったりもます。


      いつも見慣れている光景が、見慣れない光景に変わるナイトツーリング、非日常を簡単に体験できますので昼ツーリング専門の人も試してみてはいかがでしょうか?



      楽しみ方は人それぞれなので、ナイトツーリングでもっと違った楽しみ方もあるかと思います。

       

      それらを自分で見つけるのも楽しいかもしれませんね。




      それでは皆様、良いツーリングライフを











      にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマン
      にほんブログ村
      ランキングに登録しております、ポチってくれたら励みになります。

      このページのトップヘ